「ライカン・ハイパースポーツ」で一気にその名を世界に轟かせたドバイ拠点のWモータースですが、そのライカン・ハイパースポーツの後継モデルが「フェニア・スーパースポーツ」。 これは出力780馬力、0−100キロ加速2.8秒、最高速度はなんと400km/h。 そしてさらに驚くのはこのフェニア・スーパースポーツの価格が邦貨換算で「約2億円」ということです。 しかしながら「事実は小説よりも奇なり」とはよく言ったもので、なんとこのフェニア・スーパースポーツを「5台まとめて購入した日本人がいる」模様。

2019-08-14 00:18 133
Life in the FAST LANEのニュースまとめ
詳しく記事を読む