eスポーツ文化が浸透する中、モータースポーツ分野におけるeスポーツとしてグランツーリスモSPORTが「いきいき茨城ゆめ国体」の競技タイトルに採用されました。eスポーツ選手になるチャンスをどうしたら出場できるのか調べてみました。

グランツーリスモSPORTで国体に出場するには?



第74回国民体育大会(国体)「いきいき茨城ゆめ国体」にeスポーツとして
なんとグランツーリスモSPORTが本採用されました。

オリンピックよりもいち早く、国体に選ばれたグランツーリスモ。
体力に自信がなくても、ゲーム好きでゲームが上手ければeスポーツの選手になるチャンスが到来したわけです。

茨城国体eスポーツ公式ページ

グランツーリスモスポーツが採用された茨城国体

グランツーリスモ公式ページ


グランツーリスモSPORT大会概要


■部門
・少年の部(6歳以上〜18歳未満)
・一般の部(18歳以上)

■大会形式
Step1:都道府県予選(オンライン)
・都道府県ごとにタイムトライアルを行う。
 各都道府県の上位20名の予選通過者を決定

Step2:都道府県代表決定戦(オフライン)
・都道府県毎にリアルな会場に行く必要があります。
・会場で予選通過者によるレース形式の予選が行われ、上位2名が確定し、都道府県代表選手となります。

Step3:都道府県代表による決勝レース
・「いきいき茨城ゆめ国体」の優勝者が決まります。


気になるスケジュール



■2019年2月
 まず、最初に必要となるのは、エントリー。
 2月1日(金曜日)にエントリー方法が公開されます。

■2019年4月〜8月
 オンラインで都道府県代表を決める決定戦が行われます。

■2019年10月4日〜6日
 「いきいき茨城ゆめ国体」開催期間

使用コースと使用車種は?



今回グランツーリスモSPORTで対象となるコースは、
鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキットコースレイアウト
参照元:wikipedia

鈴鹿サーキットとは?
 全長:5,807km
 コーナー数:18
コースレコード:1分27秒319
(2017年 F1 ルイスハミルトン)

使用する車種は、Gr.3クラス

Gr.3クラスの車両は、実車でレースにも参加している車両です。
実車がベースなので、車両の特徴もマチマチです。

鈴鹿サーキットのコースレイアウトに一番あう車両を見つける事が第一。
そして、全国大会ともなるとマシンのセッティングでも大きくラップタイムが違ってきます。
eスポーツ選手として参加する為には、普通にゲーム感覚で楽しむ以上に
マシンの特徴を知った上でマシンを選び、コースに合わせてセッティングする事も必要になってきます。

まずは、マシン選びですが、Gr.3のカテゴリにある車両なので、ある程度まではマシンスペックは同等、
あとは、鈴鹿サーキットを走ってみて、一番走りやすいマシンを2、3台に絞り込んだ上で練習を重ねましょう。

トヨタ FT-1 VGT Gr.3



最高速6.6
加速5.2
最高出力552ps
重量1280


日産GT-RニスモGT3 N24



最高速6.0
加速4.9
最高出力550ps
重量1220


ホンダ NSX Gr.3



最高速6.7
加速5.8
最高出力576ps
重量1300


スバル WRX Gr.3



最高速6.1
加速5.2
最高出力529ps
重量1280


ベンツ SLS AMG GT3



最高速6.6
加速5.3
最高出力578ps
重量1350


BMW M6 GT3



最高速6.6
加速5.0
最高出力592ps
重量1300


BMW Z4 GT3



最高速6.3
加速5.5
最高出力516ps
重量1190


ポルシェ 911 RSR



最高速6.3
加速4.6
最高出力517ps
重量1243


マクラーレン 650S GT3



最高速6.1
加速4.4
最高出力514ps
重量1240


フェラーリ458 イタリア GT3



最高速6.5
加速5.9
最高出力550ps
重量1215


アウディR8 LMS



最高速7.0
加速5.5
最高出力594ps
重量1225


VW ビートル Gr.3



最高速6.9
加速5.4
最高出力600ps
重量1200


ルノー R.S.01 GT3



最高速6.4
加速5.8
最高出力542ps
重量1220


アルファロメオ 4C Gr.3



最高速6.3
加速5.6
最高出力502ps
重量1220


GT BY シトロエン レースカー



最高速7.0
加速5.9
最高出力608ps
重量1200


ルノー R.S.01 GT3



最高速6.4
加速5.8
最高出力542ps
重量1220


シボレーコルベットC7 Gr.3



最高速6.5
加速5.2
最高出力559ps
重量1300


ヒュンダイ ジェネシス Gr.3



最高速5.7
加速5.0
最高出力517ps
重量1250


など、メジャーな車でも、車種によって、パワーユニットの違いや車重の違いがあります。

こちらのサイトに詳しいスペック表が掲載されています。

こちらの動画では、グランツーリスモスポーツGr.3車両でどれが一番速いのか検証しています。



結局のところGr.3カーでどれが一番総合的に速いか検証【グランツーリスモSPORT】【ゆっくり実況】
参照元:@youtube


参考タイム



では、鈴鹿サーキットをGr.3で何秒出せば良いのか?

あくまで、参考タイムです。

一般的に速いと思われる速度は、1分55秒台くらいではないでしょうか?

全国No.1になるには、どのくらいの最速ラップタイムが必要となるのでしょうか?

1分50秒を切るレベルでないと都道府県予選は通過できないと思った方が良いでしょう。
決勝ラウンドは、レース形式ですので、単走とは違った状況も想定できるのでチャンスは広がるはずです。

まずは、1分50秒を切る事を目標に頑張りましょう。

ネット上で見つけた動画では、1分48秒で鈴鹿サーキットを走るR35 GT-Rがこちらです。




R35の奇跡!Gr.3で1分48秒を叩き出す!(鈴鹿サーキット) 【 グランツーリスモ スポーツ 】鈴鹿サーキット最速タイム Gr.3




鈴鹿サーキット
#GTSport

2019-01-02 23:14 507
Go Autoのニュースまとめ
ストーリー動画で見る