2018年F1アメリカGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドはトラブルによりマシンをコース脇にとめ、8周でリタイアした。  リカルドは1周目のセバスチャン・ベッテルとの接触の後も4番手を維持して走っていたが、トラブルが発生...

#F1

2018-10-22 14:41 18
AUTO SPORT webのニュースまとめ
詳しく記事を読む