自動車・バイクニュース

ロールスロイスゴーストNewsアブダビより、「プライベートジェット」をイメージしたカスタムのロールスロイス・ゴースト

2018-03-12 116 Life in the FAST LANE

ロールスロイスゴーストNewsアブダビより、「プライベートジェット」をイメージしたカスタムのロールスロイス・ゴースト

BMWアブダビにて、プライベート・ジェットをイメージしたロールスロイス・ゴーストEWBが公開。

BMWはもちろんミニやロールスロイスといったBMWブランドの車トータルにて扱うディーラーですが、これまでも数々のカスタムされたロールスロイスを公開しています。

まずボディカラーはアークティック・ホワイトにミッドナイト・サファイアのツートンカラー。

さらに見る(外部サイトへ移動)
ロールスロイス ゴースト

おすすめの自動車・バイクニュース

”和製ロールスロイス”のトヨタ・新型「センチュリー」が遂に登場。価格は1,960万円から、車体の事故状態でドクターヘリの出動も可能

2018-06-22 90 Creative Trend ”和製ロールスロイス”のトヨタ・新型「センチュリー」が遂に登場。価格は1,960万円から、車体の事故状態でドクターヘリの出動も可能 写真・画像

21年ぶりにフルモデルチェンジを果たす「センチュリー」 トヨタのフラッグシップモデル「センチュリー」が21年ぶりにデザイン等を一新して遂に販売スタート。
2017年10月の東京モーターショー2017にてワールドプレミアした「センチュリー」は、皇族公用車にも使用されており、「匠の技」や「高品質なものづくり」を継承しつつも新たに3代目として登場しました。

トヨタ ロールスロイス センチュリー
続きを見る

新型スープラには「GRMN」モデルも登場。アプリでアロンソの走りを「ゴースト」として再現も

2018-06-20 36 Life in the FAST LANE 新型スープラには「GRMN」モデルも登場。アプリでアロンソの走りを「ゴースト」として再現も 写真・画像

トヨタ・スープラの開発責任者でもあるトヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏がスープラについての新情報をMotoring Researchのインタビューにてチョイ出し。
これによるとトヨタは「(トヨタブランドで販売するものとは別となる)GRブランド独自モデルの販売を考慮しており、GRスーパースポーツ・コンセプト市販モデルの他にも"独自モデルがある"」とのこと。

ゴースト スープラ
続きを見る

ヨン・オルソン・カスタムのロールスロイス・レイスが販売中。V12/800馬力、価格は安めの3600万円

2018-06-17 398 Life in the FAST LANE ヨン・オルソン・カスタムのロールスロイス・レイスが販売中。V12/800馬力、価格は安めの3600万円 写真・画像

プロスキーヤー、ヨン・オルソン選手がカスタムしたロールスロイス・レイス"George"を売却。
これはオランダのエキゾチックカーディーラー「Auto Leitner」にて販売されているもので、その価格3600万円ほど。
新車価格が(日本では)3295万円であること、数々の改造が施され、エンジンが800馬力にまでパワーアップされていること、そもそも「ヨン・オルソン」の名


ロールスロイス レイス レイ
続きを見る

ロールスロイス カリナン…ユーザーの若返りでSUVへの要望多数、商品企画マネージャー[インタビュー]

2018-06-16 54 レスポンス ロールスロイス カリナン…ユーザーの若返りでSUVへの要望多数、商品企画マネージャー[インタビュー] 写真・画像

ロールスロイス カリナンワールドプレミアして約1か月、ロールスロイス初のSUV『カリナン』が日本でも発表された。
高級大型サルーンを中心にオープンやクーペモデルなどを作ってきた同社が、なぜSUV市場に進出したのか。
カリナン商品企画マネージャー...

ロールスロイス
続きを見る

ロールスロイス カリナン、史上最大のダイヤモンドの名前をもつSUV[詳細画像]

2018-06-13 83 レスポンス ロールスロイス カリナン、史上最大のダイヤモンドの名前をもつSUV[詳細画像] 写真・画像

ロールスロイス・カリナンロールス・ロイス・モーター・カーズ(日本法人)は、5月にワールドプレミアされたロールスロイス初のSUV『カリナン』の日本市場における予約販売の受付を、6月11日より開始した。

「これまでに発見された世界最大のダイヤモ...

ロールスロイス
続きを見る

ジョン・オルソン氏カスタムのロールスロイス「レイス」が販売中。価格や約3,500万円から

2018-06-13 81 Creative Trend ジョン・オルソン氏カスタムのロールスロイス「レイス」が販売中。価格や約3,500万円から 写真・画像

過去にランボルギーニ「ウラカン」や「ラ・フェラーリ」、アウディ「RS6」等、過激な迷彩ラッピングで注目を集めたジョン・オルソン氏所有のロールスロイス「レイス」が、オランダの中古車ディーラ・Auto Leitherにて販売中。
こちらの個体、アブソリュート・モーターズ社が開発した2015年式のモデルで、トップルーフにはカモフラージュラップと荷物トレイを備えた唯

ロールスロイス レイス レイ
続きを見る

次期ベントレー・ミュルザンヌはロールスロイスとの競合を避けてEVに?というウワサ

2018-06-12 22 Life in the FAST LANE 次期ベントレー・ミュルザンヌはロールスロイスとの競合を避けてEVに?というウワサ 写真・画像

ベントレー・ミュルザンヌの次期モデルはフルエレクトリックモデルになる、というウワサ。
ミュルザンヌはベントレーのフラッグシップモデルではありますが、ロールスロイス・ファントムの影に隠れて今ひとつ存在感を発揮できない状態。
ロールスロイスはベントレーをなにかと(もともと同じ会社なのに)目の敵にしますが、ミュルザンヌは完全にロールスロイスの前で存在感を失ったという印象です。

ベントレー ロールスロイス ミュルザンヌ
続きを見る

ロールスロイス、初のSUV カリナン を日本初公開「新しいベンチマークとなる」

2018-06-11 103 レスポンス ロールスロイス、初のSUV カリナン を日本初公開「新しいベンチマークとなる」 写真・画像

ロールスロイス・カリナンロールス・ロイス・モーター・カーズは6月11日、同社初のSUVモデルとなる『カリナン』を日本国内で初公開するとともに予約販売の受付を開始した。
価格は3800万円からで、納車開始は2019年の1~3月期を予定していると...

ロールスロイス
続きを見る

ランボルギーニ「アヴェンタドール」がラグジュアリー仕様に?!ロールスロイスの”あの”オプションを付けてみた【動画有】

2018-06-10 384 Creative Trend ランボルギーニ「アヴェンタドール」がラグジュアリー仕様に?!ロールスロイスの”あの”オプションを付けてみた【動画有】 写真・画像

自動車系人気ユーチューバーのShmee150氏が、クリスタルパレスプレミアリーグクラブのウィルフリード・ザハ選手(25)の自宅ガレージに潜入した動画を公開。
ザハ選手のガレージには、ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」を筆頭に、アウディやアストンマーティン、ベントレー、BMW、ポルシェ、ロールスロイス等数多くの超高額モデルが展示され


ランボルギーニ アヴェンタドール ロールスロイス
続きを見る

ロールスロイス「カリナン」等を手掛けたデザイン・チーフが電撃退職。今後はどのグループにも属さず新たな業界へ

2018-06-08 50 Creative Trend ロールスロイス「カリナン」等を手掛けたデザイン・チーフが電撃退職。今後はどのグループにも属さず新たな業界へ 写真・画像

2012年より、ロールスロイスのデザイン責任者であるイアン・キャメロン氏の後任にてデザイン・チーフとして加わったジャイルズ・テイラー氏が突如として退職したことが判明。
同氏は、最新モデル「ファントムⅧ」や新型SUV「カリナン」等のモデルも担当した、いわば「現代のロールスロイスを生み出した親」でもあり、コンセプトモデル「Vision Next 100」や、最も高価

ロールスロイス
続きを見る

ロールスロイスの「顔」を作ったチーフデザイナーが電撃辞任。今後は不明なるも”ヒュンダイ”へ?

2018-06-07 379 Life in the FAST LANE ロールスロイスの「顔」を作ったチーフデザイナーが電撃辞任。今後は不明なるも”ヒュンダイ”へ? 写真・画像

ジャイルズ・テイラー氏は自身のキャリアをプジョー・シトロエングループで始め、そのPSAにて5年在籍した後にジャガーのチーフデザイナーとして移籍。
そのポジションで14年間活躍した後に、イアン・キャメロン氏の後任として2011年にロールスロイスのエクステリアデザインの管理者としてBMWへと移籍しており、翌2012年には(エクステリアだけではなく)デザイン全


ロールスロイス ヒュンダイ
続きを見る

【競売】一族から「タイ人唯一のF1ドライバー」を排出したタイ王子所有のロールスロイス

2018-05-31 69 Life in the FAST LANE 【競売】一族から「タイ人唯一のF1ドライバー」を排出したタイ王子所有のロールスロイス 写真・画像

時々出てくる、「王室」所有の車両。
今回はタイの王子が所有していたというロールスロイス・シルヴァークラウドⅡ(1960年)で、これはベントレーSシリーズの姉妹モデルに該当し、シルヴァードーンより長く、シルヴァーレイスよりも幅広な車。
なお、ロールスロイスは「シルバー(シルヴァー)」という名称を過去に多く用いており、これはテスト用の車両が「シ

F1 ロールスロイス
続きを見る

ロールスロイスがカリナンのコンフィギュレーターを公開。内外装やオプションはこうなっている

2018-05-23 31 Life in the FAST LANE ロールスロイスがカリナンのコンフィギュレーターを公開。内外装やオプションはこうなっている 写真・画像

ロールスロイスがその最新モデルにして初のSUVとなる「カリナン」のカーコンフィギュレーターを公開。
オンライン上で使用やオプションを選択できることになりますが、ボディカラーやインテリアの仕様、ホイール、オプションには相当な選択肢が。
ざっと見てみるとまず「仕様」を選ぶ必要があり、「Urban(Hero)」「Opulence」「Indulgence」「Wellness」「Aspen」「Dunes」「Avia

ロールスロイス
続きを見る

ロールスロイス「我々は許される限りV12を作り続ける。ただし顧客はエレクトリック化に備えておけ」

2018-05-23 42 Life in the FAST LANE ロールスロイス「我々は許される限りV12を作り続ける。ただし顧客はエレクトリック化に備えておけ」 写真・画像

ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェッシュ氏がフィナンシャル・タイムズのインタビューに答えたところによると、「法的に許す限り、我々はV12エンジンを作り続ける」とのこと。
その反面、欧州で多くの国がガソリンエンジンの販売を禁止するであろう「2040年には」フルエレクトリックに切り替える準備を進めている、としています。
実際のところ

ロールスロイス
続きを見る

ロールスロイスCEOが強気な発言「私たちは可能な限りV12エンジンを使う。何があってもだ!」

2018-05-21 105 Creative Trend ロールスロイスCEOが強気な発言「私たちは可能な限りV12エンジンを使う。何があってもだ!」 写真・画像

昨今では、ダウンサイジングターボエンジンはもちろん、ハイブリッド(HV&PHV)、そしてオールエレクトリックモデル(EV)等、排ガス規制や環境法規制がより一層厳しくなってきましたが、そんな中でもイギリスの超高級自動車メーカであるロールスロイスCEOのTorstenMuller-Otvos氏は、「V12エンジンが合法的に許可されるのであれば、可能な限り提供していく」と説明していま

ロールスロイス
続きを見る