自動車・バイクニュース

ホンダCBR1000RRSPをライダー岡崎静夏がインプレ評価!

2017-10-14 697 Go Auto
ホンダCBR1000RRSPをライダー岡崎静夏がインプレ評価! 写真・画像

J-GP3で活躍中の女性人気ライダー岡崎静夏選手がホンダCBR1000RR SPに乗車。

最新のスーパーバイクを女性ライダーの視点からインプレッション(評価)

CBR1000RRSPインプレッション



ホンダ CBR 1000RR SP ホンダ公式サイト

計画されている国内年間販売台数は、CBR1000RRとCBR1000RR SP 合計 700台

価格は、スーパーバイクの最高峰らしく
CBR1000RR SP(ヴィクトリーレッド) 2,462,400円(消費税抜き本体価格 2,280,000円)

今回は、J-GP3で活躍中の女性人気ライダー岡崎静夏選手のインプレッションの様子を紹介。
小柄なライダーとしてのインプレッションや女性ならではのインプッレンションが盛りだくさん


CBR1000RRSPの評価



ホンダCBR1000RRSPをライダー岡崎静夏がインプレ(評価)

身長159cmの岡崎選手がCBR1000RR SP にまたがると、両足ぴったりという感じではないですね。
CBR1000RR SPのシート高 は、820mm

ホンダCBR1000RRSPをライダー岡崎静夏がインプレ(評価)

CBR 1000RR SPのスペックは、
SC77E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒
最高出力 192ps / 13,000 とスーパースポーツならではハイスペック。

ホンダが誇るスーパーバイクだけあって、コーナーでの取り回しも問題なさそう。

ホンダCBR1000RRSPをライダー岡崎静夏がインプレ(評価)

CBR 1000RR SPのインプレッション
「ここが嫌だとか変な癖がない」
「初心者が乗ってもタイヤがちゃんとグリップする」

ホンダCBR1000RRSPをライダー岡崎静夏がインプレ(評価)

CBR 1000RR SP のコーナーインプレッション
「曲げづらくないバイクだから、乗りやすい」
「スポーツ走行や走行会レベルであればバイクが勝手に曲がり込んでくれる」非常に良いバイクだと高評価

ホンダCBR1000RRSPをライダー岡崎静夏がインプレ(評価)

コーナーからの立ち上がり
「路面がどこで接地しているか把握し安いので安心して乗れる」
「シフトアップ・ダウンでクラッチが入らないので少し迷うけど、アクセル調整もしてくれるので便利」
「シフトダウン時のエンジンブレーキも強すぎない」
「クラッチとアクセル操作でシフトダウンした時に失敗する心配がない」と大絶賛するほど高評価

ホンダCBR1000RRSPをライダー岡崎静夏がインプレ(評価)

今回は、ショートサーキットなので、全開とまでは行かないものの、CBR1000RR SPを購入予定の方には非常に参考になるだろう

岡崎静夏


1992年6月12日(25歳)
神奈川県横浜市
身長:159cm

昨年のMotoGP日本グランプリには、 moto3クラスで女性ライダーとしても参戦

CBR1000RR 詳細スペック



CBR 1000RR の特徴とスペック

●クラス最軽量の車両重量:195kg
 ・メインフレームはエンジンハンガーの剛性を最適化し、応答性の向上とさらなる軽量化を実現。
 ・新設計のアルミダイキャスト製シートレール
 ・新デザインの前後ホイール
 ・新構造のチタン製マフラー
 ・車体各部の徹底的な軽量化を追求
・大幅な軽量化を図ったリチウムイオンバッテリー
・公道用量産車として世界初のチタン製フューエルタンク

●出力向上と、よりコントローラブルな特性を両立したパワーユニット:192PS

・バルブタイミングおよびリフト量、圧縮比などエンジン諸元の最適化
・スロットルボアの拡大
・マフラー構造の最適化
・吸排気系のセッティングを組み合わせ、低回転域の力強いトルク特性と高回転域の出力向上を両立
・スロットル・バイ・ワイヤシステムを採用
(スロットルグリップ開度をセンサーで検出し、ECUがスロットル・バイ・ワイヤモーターに駆動信号を送ることでスロットルバルブを制御)
・アシストスリッパークラッチを新設計。
(従来モデルと比べ、クラッチレバーの操作荷重を低減するとともに操作フィーリングを向上。)
・左側クランクケースカバー、オイルパンを従来のアルミからマグネシウムに変更
・新構造のチタン製マフラーを採用す

●ファンライディングをサポートする電子制御技術の採用
・IMU(Inertial Measurement Unit)により、車体の角速度、加速度を検出し、Honda独自のアルゴリズムで車体姿勢を推定。
・スーパースポーツ専用ABS
・Hondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)
・ÖHLINS Smart ECシステムと組み合わせることで、走行状況に応じた「操る楽しみ」を提供。
・ライダーの好みや走行状況に応じて、スロットル操作に対する出力特性を任意に選択可能。
・全てのギアでピーク出力まで引き出せる「レベル1」から、1~4速ギアまでの出力を制御し反応を最も穏やかにする「レベル5」までの5段階を設定。
・Hondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)
・ライダーの好みに応じて、9段階のトルクコントロール介入レベルとOFFの選択が可能。
・車輪速センサーからの前後輪回転速度比率よりECUが後輪スリップ率を算出。IMUからの車体姿勢情報と合わせ、エンジントルクの抑制を必要とした場合にス
ロットルバルブ開度をコントロールすることで、コーナリング時や加速時の後輪スリップを抑制。
・前後の車輪速センサーの信号から、加速時の前輪浮き上がり(ウイリー)挙動中に生じるフロントタイヤの減速とリアタイヤの加速を検知した際、フロントタイヤが接地し加速状態に転じるまでスロットルバルブ開度を下げてトルクを減衰することで、ウイリーを緩和。
セレクタブルエンジンブレーキ
・走行中にスロットルを全閉し、減速する際のエンジンブレーキの強さを制御。ライダーの好みに応じて3段階のレベルが選択可能。
・ÖHLINS Smart ECシステム
・CBR1000RR SPには、走行状況に応じて最適な減衰特性を提供する、ÖHLINS Smart ECシステムを採用。減衰性能を自動的に調整する「自動モード(Aモード)」は、あらかじめ設定されている3つのモードから選択が可能。さらに、ライダーによる調整を可能とする「ÖHLINS Object Based Tuning interface」を搭載。減速・加速など状況ごとのパラメーター調整により、各走行特性に応じて自動的に減衰力調整し、ライダーの好みに合った挙動変化を提供。また、「マニュアルモード」ではサスペンションセッティングを任意に調整することが可能。
ライディングモード
・パワーセレクター、Hondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)、セレクタブルエンジンブレーキ、またCBR1000RR SPではÖHLINS Smart ECシステムを加えた各制御レベルの組み合わせから、あらかじめ設定されている3モードと、組み合わせを任意に設定できる2モードの計5種類のライディングモードを設定。走行状況やライダーの好みに合わせた走行フィーリングを任意に選択することが可能。
スーパースポーツモデル専用ABS
・直進時に加えコーナリング時などの走行状況に合わせてブレーキ圧を制御し、スーパースポーツモデルならではの運動性能に寄与。
・ブレーキング時に発生するIMUからの加速度信号をECUが演算することで車体挙動を検知し、ブレーキ圧を緻密に制御。高い制動力を発揮しながら急減速時の後輪浮き上がり(リアリフト)を抑制。
クイックシフター
・CBR1000RR SPには、シフトアップおよびシフトダウンに伴うクラッチとスロットル操作を不要とし、スポーツ走行時などのファンライディングをサポートするクイックシフターを標準装備。CBR1000RRにはオプション設定。

●スーパースポーツモデルとしての居住性と空力特性を追求したスタイリング
・「タイト&コンパクト」をテーマに、軽快感とアグレッシブなイメージを表現。必要最低限のカウル面積と、よりタイトに各カウル面を内側に追い込むことで、コンパクト化と前面投影面積の低減を図り、軽量化とマスの集中化に寄与。
・フューエルタンク形状を見直し、ニーグリップ両側面部の幅をスリム化。ライダーによる荷重コントロールの自由度を向上。

●電装系
・ヘッドライト、テールランプ、ウインカーなど、全ての灯火器類をLED化することで、軽量コンパクト化と省電力化を実現。
・ライダーに車両の豊富な情報や各種制御の状態をわかりやすく伝える、フルカラーTFT液晶採用のメーターを搭載。
・CBR1000RR SPには、より小型・軽量なリチウムイオンバッテリーを標準装備。CBR1000RRにはオプション設定。

主要諸元
通称名 CBR1000RR SP
車名・型式 ホンダ・2BL-SC77
全長×全幅×全高 (mm) 2,065×720×1,125
軸距 (mm) 1,405
最低地上高 (mm)★ 130
シート高 (mm)★ 820
車両重量 (kg) 195
乗車定員 (人) 1
燃料消費率※6 (km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※7 (km/h) 25.0(60)<1名乗車時>
WMTCモード値★(クラス)※8 17.7(クラス3-2)<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 3.2
エンジン型式・種類
SC77E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒
総排気量 (cm3) 999
内径×行程 (mm) 76.0×55.1
圧縮比★ 13.0
最高出力 (kW[PS]/rpm) 141[192]/13,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 114[11.6]/11,000
燃料供給装置形式
電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-DSFI)>
使用燃料種類
無鉛プレミアムガソリン
始動方式★ セルフ式
点火装置形式★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 16
クラッチ形式★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.285
2速 1.777
3速 1.500
4速 1.333
5速 1.214
6速 1.137
減速比(1次★/2次)
1.717/2.687
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 23°20´/96
タイヤ 前 120/70ZR17M/C(58W)
後 190/50ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 前 油圧式ダブルディスク
後 油圧式ディスク
懸架方式 前 テレスコピック式(倒立タイプ/ビッグ・ピストン・フロントフォーク) テレスコピック式
(倒立タイプ/NIX30 Smart EC)
後 スイングアーム式(ユニットプロリンク/バランス・フリー・リアクッション) スイングアーム式
(ユニットプロリンク/TTX36 Smart EC)
フレーム形式
ダイヤモンド


ホンダ CBR1000RRSP

おすすめの自動車・バイクニュース

アポロIEがイタリアのクレモナサーキットで公開テスト。レシプロエンジン健在

2017-11-23 463 Go Auto アポロIEがイタリアのクレモナサーキットで公開テスト。レシプロエンジン健在 写真・画像

世界でたったの10台限定で開発が進んでいるスーパーカー。
価格は3億円程度が想定されているスーパーカーで
気になるパワーユニットは、6.3リッターV12 エンジンで780馬力

ポロ アポロIE
続きを見る

ヤリスWRCをドライブするラトバラの化身「羅兎薔薇」がレースに潜む“魔物”と対決する映像がカッコイイ!

2017-10-28 2496 Go Auto ヤリスWRCをドライブするラトバラの化身「羅兎薔薇」がレースに潜む“魔物”と対決する映像がカッコイイ! 写真・画像

TOYOTA GAZOORACING がレースに潜む“魔物”と闘う様を、象徴的なジャパニメーションで表現したブランデッドムービーが公開!
侍の格好をしたラトバラの化身「羅兎薔薇」が、魔物と激闘

WRC GazooRacing 羅兎薔薇
続きを見る

GazooRacing WRC2018年度はタナックも加入して3チーム体制で勝ちに行くことが判明!

2017-11-23 644 Go Auto GazooRacing WRC2018年度はタナックも加入して3チーム体制で勝ちに行くことが判明! 写真・画像

2017年トヨタがWRCに復帰。
手探りの中出発したトヨタGazooRacing WRCの初年度の活動報告と2018年の体制についての発表がありました。
2018年はさらにタナック選手も加入しトヨタが本気でWRCを取りに行く体制が整いました。

WRC ヤリス GazooRacing WRC2017
続きを見る

フォードGTをインプレッション。V8からV6ターボに進化したフォードGTはいかに?

2017-11-02 843 Go Auto フォードGTをインプレッション。V8からV6ターボに進化したフォードGTはいかに? 写真・画像

V6ターボエンジンにダウンサイジングされたフォードGT。
新型フォードGTがどれだけ速いんだ?

フォードGT
続きを見る

アメリカンオーナー必見!アメリカンタイプのバイクでウィリーする方法がこちら

2017-11-21 712 Go Auto アメリカンオーナー必見!アメリカンタイプのバイクでウィリーする方法がこちら 写真・画像

アメリカンでウィリーしたい人は必見。
絶対にウィリーしなさそうなアメリカンタイプのバイクでウィリーする方法を紹介した動画。
このワイルドさがアメリカ人っぽい

ウィリー アメリカンバイク
続きを見る

ウルス(ランボルギーニの新型SUV)の多彩な走行モードが公開!

2017-11-11 935 Go Auto ウルス(ランボルギーニの新型SUV)の多彩な走行モードが公開! 写真・画像

ランボルギーニ初となるSUV「ウルス」。
スーパーカーで有名なランボルギーニのSUV「ウルス」の多彩な走行モードを紹介。
砂漠で行われた映像には、新型SUVウルスが砂漠を走り抜ける映像が公式チャンネルから公開。
ランボルギーニ ウルスの多彩な走行モードを紹介する映像が公式チャンネルより公開。
最新動画とともに「ウルス」のデザイン・性能・価格・発売日などの最新情報を紹介。

ランボルギーニ ウルス
続きを見る

KODE0 ケン・オクヤマデザインの最新モデルを試乗!価格は1億6000万円

2017-11-21 778 Go Auto KODE0 ケン・オクヤマデザインの最新モデルを試乗!価格は1億6000万円 写真・画像

世界的なカーデザイナー「ケン・オクヤマ」がKODE0を発表!1億60000万円の稀少なスーパーカーをいち早く試乗インプレッション

ケン・オクヤマ KODE0
続きを見る