自動車・バイクニュース

価格315万で買える新型リーフをNISMOがカッコよく仕上げた!これで電気自動車に乗る人増えるぞ。

2017-10-04 1285 Go Auto
価格315万で買える新型リーフをNISMOがカッコよく仕上げた!これで電気自動車に乗る人増えるぞ。 写真・画像

NISMOが手がけた新型日産リーフ。

315万円で買える電気自動車
世界的に電気自動車のニーズが高まる中、乗ってみたくなるデザインの日産リーフが登場!今回のNISMOモデルは、第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))で「LEAF NISMO Concept」として登場する

NISMOが手がける新型リーフ



世界的に自動車業界は、電気自動車シフトする中、日産リーフがフルモデルチェンジを実施。
2017年9月6日に発表し、10月2日から販売を開始。
2018年1月より全世界で販売を開始する日産リーフ。

NISMOが手がけた新型日産リーフ「LEAF NISMO Concept」が公開された。

第一印象で「この車、ふつうにかっこいい」と思ったユーザは多いのではないでしょうか。
心のどこかで、いつかは電気自動車と思っているユーザにもレンタカーやカーシェアの業界にも
受け入れられそうな電気自動車の新型日産リーフ。

日本での今後の電気自動車の普及に貢献する車種になることは間違いないでしょう。

今回は、その新型日産リーフをNISMOが手がけてさらにかっこよくさせたのがこちらの
「LEAF NISMO Concept」

東京モーターショーで公開される

日産の新型リーフをNISMOがかっこよくイメチェン

白と黒をベースに、レッドをアクセントとした NISMOらしいスポーティな装い。
NISMO専用のパーツとして、下記の装備が装着されている
 専用フロントバンパー
 専用リヤバンパー(リヤフォグランプ付)
 専用ルーフスポイラー etc

なおかつNISMOらしく、優れた空力性能を実現。

NISMOらしい走りを実現する為にスポーツチューニングされているのは
 専用サスペンション
 高性能タイヤの採用
 専用チューニングコンピューター(VCM)
 
初速からの加速が速い電動駆動である新型日産リーフの特性を活かし、
瞬発力の高い加速フィールが体験できるとのことで、今までのスポーツカーでは体験できない加速感を感じることができる一台である。

NISMO専用装備一覧



今回新型日産リーフに装着されるNISMOの専用パーツ一覧がこちら

外装系のNISMO専用パーツ
・専用フロントグリル
・専用フロントバンパー
・専用リヤバンパー(リヤフォグランプ付)
・専用ルーフスポイラー
・専用サイドシルプロテクター
・NISMO Sエンブレム(フロント/リヤ)
・専用ブリヂストンPOTENZA S007タイヤ&アルミロードホイールLMX6(17インチ)

・サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(専用レッド)
・シャークフィンアンテナ
・専用LEDハイパーデイライト

内装系のNISMO専用パーツ
・専用本革・アルカンターラ®巻3本スポークステアリング
・専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)&ドアトリムクロス
・専用チューニングRECARO製スポーツシート〈前席〉OP
・専用コンビメーター(nismoロゴ入り、260km/hスケール)
・専用アルミ製アクセル・ブレーキ・クラッチペダル
・専用アルミ製フットレスト(nismoロゴ入り)

パワーユニット系のNISMO専用パーツ
・専用チューニングコンピューター(ECM)
・専用サスペンション
・専用ブレーキシステム(リヤディスクブレーキ)
・専用車速感応式電動パワーステアリング
・専用エキゾーストシステム(テール径:Φ100)
・専用ボディ補強
 フロントトンネルステー
 リヤトンネルステー
 フロントサスペンションメンバーステー
 リヤクロスバー
 リヤアンダーフロアVバー
 リヤサスペンションメンバーステー

新型日産リーフとは



ベース車両になっている日産リーフ

車両価格は、315万円から399万円で買える電気自動車
NISMOバージョンの詳細は不明
2018年には、さらに上級スペックのリーフの販売計画も進んでいる

1度の充電で400kmまで走行できる
初めての電気自動車に乗る方への不安解消のため
8年160,000kmまでのバッテリー保証も付いている

気になる充電時間は、200V充電で約16時間、100Vは約56時間で100%充電となる。
200V急速充電器を使用することで80%まで充電するのにかかる時間(急速充電)は 40分で充電可能

フルモデルでスタイリッシュに変身した日産の新型リーフ

パワーユニットであるモーターのスペックは、

「EM57」型
最高出力:110kW(150PS)/3283-9795rpm
最大トルク:320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm
リチウムイオンバッテリー:40kWh
0-100km/h加速:約6秒
最高速度:180km/h
JC08モードの航続距離:400km

と普段乗りなら全く問題のないスペック

5人乗りで、後部座席も十分乗車できるスペースを確保
気になるのは、タイヤのサイズが16インチ17インチということで少し維持費がかさみそうな点でしょうか

 全長:4,480mm
 全幅:1,790mm
 全高:1,540mm
 ホイールベース:2,700mm

 最低地上高:150
 空力抵抗(Cd値):0.28
 タイヤ:205/55R16 or 215/50R17
 車両重量:1,490-1,520kg
 車両総重量:1,765-1,795kg


フルモデルでスタイリッシュに変身した日産の新型リーフのインテリア

インテリアは、ブラックで統一された内装
ブラックにブルーのステッチが施される
メーター内に、7インチのTFTフルカラーディスプレイを装備

ナビゲーションシステムには、「Apple CarPlay」が搭載される

新型日産リーフに搭載される最先端技術



日産が世に出す電気自動車。
最新の技術が惜しみなく搭載されている電気自動車となっている。
気になる機能は?

自律走行技術 ProPILOT(プロパイロット) パイロットドライブ 1.0を搭載

Piloted Drive 1.0は、高速道路の単一のレーンを自律的に走行することができる。


日産の自動運転技術「プロパイロット」

とっても便利なプロパイロット パーキング機能搭載



「プロパイロット パーキング」は、国産車初の本格的自動駐車システムで、
駐車操作のすべて(アクセル・ブレーキ・ハンドル・シフト、さらにパーキングブレーキまで)を自動制御してくれます。

最近話題となったe-Pedalも搭載



「e-Pedal」は、なんとアクセルペダルのみの操作で、発進、スピードアップ、スローダウン、停止保持が可能なアシストシステム。


日産 nismo リーフ 新型リーフ

おすすめの自動車・バイクニュース

BMW Tokyo Bayで開催されたクルマの未来を語るCarTechイベント。2025年のクルマはどうなっているのか?

2017-11-25 613 Go Auto BMW Tokyo Bayで開催されたクルマの未来を語るCarTechイベント。2025年のクルマはどうなっているのか? 写真・画像

2017年11月25日 TechCrunch Tokyo2017の関連イベントCarTech「クルマの未来を語る」イベントが開催。
お台場にあるBMW Tokyo Bay で開催。
自動運転に向けた最先端技術に触れられるイベントの模様はこちらから

BMW イベント 自動運転 Cartech LiDer
続きを見る

アメリカンオーナー必見!アメリカンタイプのバイクでウィリーする方法がこちら

2017-11-21 961 Go Auto アメリカンオーナー必見!アメリカンタイプのバイクでウィリーする方法がこちら 写真・画像

アメリカンでウィリーしたい人は必見。
絶対にウィリーしなさそうなアメリカンタイプのバイクでウィリーする方法を紹介した動画。
このワイルドさがアメリカ人っぽい

ウィリー アメリカンバイク
続きを見る

ケータハムが大記録を達成!1分にできる最大回数のドーナツターン。答えは・・・

2017-11-24 541 Go Auto ケータハムが大記録を達成!1分にできる最大回数のドーナツターン。答えは・・・ 写真・画像

ドーナツターンは、1分間に何回できるでしょうか?60周年を迎えるケータハムセブン620Rが記録に挑戦!なんと世界記録を達成してしまったのだ。

ケータハム セブン
続きを見る

ジムカーナグリッドを知っていますか?ジムカーナの魅力が伝わるイベントの映像がこちら

2017-11-27 619 Go Auto ジムカーナグリッドを知っていますか?ジムカーナの魅力が伝わるイベントの映像がこちら 写真・画像

あのケンブロックも参戦する競技ジムカーナの大会。
いわゆるジムカーナの大会なのだが、ものすごくかっこいいイベントになったジムカーナ大会の様子がこちら

ケンブロック ジムカーナ
続きを見る

アポロIEがイタリアのクレモナサーキットで公開テスト。レシプロエンジン健在

2017-11-23 524 Go Auto アポロIEがイタリアのクレモナサーキットで公開テスト。レシプロエンジン健在 写真・画像

世界でたったの10台限定で開発が進んでいるスーパーカー。
価格は3億円程度が想定されているスーパーカーで
気になるパワーユニットは、6.3リッターV12 エンジンで780馬力

ポロ アポロIE
続きを見る

GazooRacing WRC2018年度はタナックも加入して3チーム体制で勝ちに行くことが判明!

2017-11-23 905 Go Auto GazooRacing WRC2018年度はタナックも加入して3チーム体制で勝ちに行くことが判明! 写真・画像

2017年トヨタがWRCに復帰。
手探りの中出発したトヨタGazooRacing WRCの初年度の活動報告と2018年の体制についての発表がありました。
2018年はさらにタナック選手も加入しトヨタが本気でWRCを取りに行く体制が整いました。

WRC ヤリス GazooRacing WRC2017
続きを見る

ER34スカイラインセダンがドリフトをかっこよすぎる披露。

2017-12-10 477 Go Auto ER34スカイラインセダンがドリフトをかっこよすぎる披露。 写真・画像

日産スカイラインER34(セダン)がドリ車に。
ドリフトトラックでダイナミックなドリフトを披露。
GT-Rの影になりがちなER34でも、ものすごくドリフトがきまっています。

日産 スカイライン er34
続きを見る

NSX用リバティーウォークコンプリートキットが登場

2017-11-28 873 Go Auto NSX用リバティーウォークコンプリートキットが登場 写真・画像

ホンダNSXをさらにカスタムチューニグするなら、ランボルギーニやGT-Rなど様々なカスタムチューニングで有名なリバティウォークで決まり。
200万から300万までのコンプリートエアロキットはこちら

NSX リバティウォーク リバティ
続きを見る

KODE0 ケン・オクヤマデザインの最新モデルを試乗!価格は1億6000万円

2017-11-21 992 Go Auto KODE0 ケン・オクヤマデザインの最新モデルを試乗!価格は1億6000万円 写真・画像

世界的なカーデザイナー「ケン・オクヤマ」がKODE0を発表!1億60000万円の稀少なスーパーカーをいち早く試乗インプレッション

ケン・オクヤマ KODE0
続きを見る