自動車・バイクニュース

EVのレーシングカートが登場。ついにレーシングカートもEV化が進行

2017-05-16 953 Go Auto(ゴーオート)
EVのレーシングカートが登場。ついにレーシングカートもEV化が進行 写真・画像

話題のEVレーシングカート動画が3つ。

レーシングカートのEV化が進行中。

自動車業界のみならず、モータースポーツの登竜門であるレーシングカートの世界にもEV の波がやって来た

EV レーシングカートが登場



自動車業界で電気自動車の存在が増す中、ついにモータースポーツの登竜門と言われる
レーシングカートにも電動のEVレーシングカートが登場

EV レーシングカート

C5 Blast」 Daymak社が開発した EVレーシングカートである。

0-100km/h 加速は 1.5秒という電気自動車っぽい加速性能が出せるとか。

特徴的なのはシート背後にある8つの電動ダクトファン(EDF)。
このファンによって100kg の揚力を発生させているとか

価格は130万円
ハードチューニングモデルが680万円とのこと

EV レーシングカート Daymak C5 Blast


EV レーシングカート

実際に走っている感じはこんな感じです。


電気自動車 レーシングカート


感性が高まる❗️車・バイク動画をアップ❗
️毎日30本以上配信中❗️
車・バイク好き大募集中です❗

みんなよろこぶ!見て楽しめる!情報をシェアしよう!

おすすめの自動車・バイクニュース

日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か

2017-03-20 95 乗り物速報 日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か 写真・画像

日産の北米法人は3月9日、EV(電気自動車)に関する公式ツイッターで「新型リーフ(LEAF)が今年9月に世界デビューし、今年末に発売を開始する」と発表した。
これを受けて、アメリカの自動車関連ウェブサイトでは、アメリカにおけるEV市場の今後を占う様々な記事が出ている。
アメリカ市場では、昨年から乗用車が売れない状況が続いており、その流れは今年になっ

日産 テスラ 電気自動車 リーフ 新型車 モデルチェンジ
続きを見る

テスラ、時価総額でフォードを抜いて米自動車メーカー2位に浮上

2017-03-30 42 乗り物速報 テスラ、時価総額でフォードを抜いて米自動車メーカー2位に浮上 写真・画像

27日のNasdaq市場で、Tesla (NASDAQ:TSLA) の終値換算の時価総額が457億7000万ドルとなり、 Ford (NYSE:F) の453億5000万ドルを突破し、時価総額の上からはGMの (NYSE:GM) の524.5億ドルに次いで自動車第2位に付けた。
これにより、米自動車メーカーの時価総額の順列は、1位がGM、2位がTesla、3位がFord、 4位がFiat Chrysler (NYSE:FCAU) の165.2億ドルとなった。

テスラ フォード 電気自動車
続きを見る

走りながら充電できるインホイールモーター式電気自動車(EV)を東大が開発

2017-04-08 422 乗り物速報 走りながら充電できるインホイールモーター式電気自動車(EV)を東大が開発 写真・画像

タイヤに受電装置と蓄電器などを搭載したため、路面と受電装置の距離を一定に保てた。
給電効率が安定し、9割以上のエネルギーを路面から車体へ供給できた。
高速道路や交差点などに送電装置を埋め込めば、EVの電池重量や航続距離の課題の解消につながる。
路面に埋設した送電コイルからタイヤの受電コイルに磁界を介して給電する。
車体に受電コイルを搭載


電気自動車
続きを見る

【時価総額】テスラ、GMを抜き全米首位の自動車メーカーに

2017-04-12 139 乗り物速報 【時価総額】テスラ、GMを抜き全米首位の自動車メーカーに 写真・画像

米電気自動車メーカー、テスラ・モーターズが時価総額でゼネラル・モーターズ(GM)を抜き、同ベースで全米首位の自動車メーカーとなった。
  テスラ株は10日の米株式市場での早い時間の取引で一時3.7%高となり、これにより時価総額は510億ドル(約5兆7000億円)に膨らんだ。
同社の時価総額はニューヨーク時間午前9時35分時点でGMを約17億ドル上回った。

テスラ 電気自動車
続きを見る

「和製フェラーリ」の試作車、京大発EVベンチャーGLMが公開-航続距離400キロ、価格4000万円

2017-04-20 111 乗り物速報 「和製フェラーリ」の試作車、京大発EVベンチャーGLMが公開-航続距離400キロ、価格4000万円 写真・画像

電気自動車(EV)を開発するベンチャー企業、GLM(本社京都市、資本金32億2914万円、小間裕康社長)は18日、 2019年の量産開始を目指して開発しているEVのスーパーカー「GLMG4」の試作車を国内で初公開した。
東京都内で発表会を開いた小間社長は「EV版の『フェラーリ』だ」とアピールした。
日本、中国、欧州などで計1000台の

スポーツカー フェラーリ 電気自動車
続きを見る

水素でFCVとか言ってたトヨタ ついに苦渋のEV路線へ転換へ

2017-04-20 88 乗り物速報 水素でFCVとか言ってたトヨタ ついに苦渋のEV路線へ転換へ 写真・画像

ごく最近までトヨタは、電気のみで走行する100%EVに背を向け、 次世代車として水素式の燃料電池車(FCV)開発を積極的に進めていた。
2013年、ガソリンと電気のハイブリッド車「プリウス」の生みの親の内山田竹志会長は、 水素電池車は従来の燃焼エンジンに対する「実際的な代替役」だと語り、 EVが使われるとしても近距離用に限定されるとの見

トヨタ 燃料電池車 電気自動車 エコカー
続きを見る

米テスラ、赤字幅が拡大 株価「過大評価」の声も

2017-05-06 51 乗り物速報 米テスラ、赤字幅が拡大 株価「過大評価」の声も 写真・画像

】電気自動車(EV)メーカーのテスラが3日夕に発表した2017年1~3月期決算は売上高が前年同期の2.3倍に膨らんだ。
急成長を市場も評価し、株式時価総額は4月下旬にゼネラル・モーターズ(GM)を上回った。
だが、1株当たりの赤字幅が市場予想より拡大するなど、今回の決算では不安な一面ものぞかせた。

テスラ 電気自動車 エコカー
続きを見る

中国版テスラの侮れない実力 ―― EV自動車メーカーNioが目指す破壊的イノベーション

2017-05-17 85 乗り物速報 中国版テスラの侮れない実力 ―― EV自動車メーカーNioが目指す破壊的イノベーション 写真・画像

1: 2017/05/16(火) 11:37:03.11 ID:CAP_USER 元Ciscoの役員だったパッドマスリー・ウォーリアー(Padmasree Warrior)氏は、中国を拠点に電気自動車の開発を行っているベンチャー企業Nio社のアメリカ支社のCEOに就任した。
・Nio社はコネクテッドカー(常時インターネ

テスラ 電気自動車
続きを見る

SAで電気自動車が充電しようとしたらPHV車が充電してる問題

2017-05-19 40 くるまにあ速報 SAで電気自動車が充電しようとしたらPHV車が充電してる問題 写真・画像

1: 2017/05/17(水) 18:58:48.63 0 SAの急速充電ステーションは本来電気自動車のものだが 電池無くなってもガソリンで走れるはずのPHV乗ってる連中が ここで充電すりゃガソリン入れるより割安だとせこいことを考えて 充電ステーションに集まるので充電できない電気自動


ev phv 電気自動車 充電マナー 充電ステーション
続きを見る

水素自動車ってどうなの

2017-05-20 47 乗り物速報 水素自動車ってどうなの 写真・画像

トヨタ自動車、石油元売り大手JXTGエネルギーなど11社は19日、燃料電池車(FCV)に燃料の水素を供給する「水素ステーション」の本格整備を後押しする新会社の年内設立を検討すると正式に発表した。
自動車、エネルギー業界などが協力し、次世代のエコカーであるFCVの普及に向けた燃料インフラの課題に取り組む。

トヨタ 燃料電池車 電気自動車 エコカー
続きを見る