世界最高峰のWRCを走るラリーマシン。アクセルをベタ踏みにしても路面を確実に捉えて離さないマシンセッティングがすごい

GoAuto
Twiiterで1710いいねを獲得!バズって話題になった動画がこちらです。

足回りのセッティングが重要だって事がわかるラリーマシン


荒れ果てた路面

右へ左へと曲がりくねった道

ラリーマシンは、アスファルトで舗装した道のみならず、未舗装のワダチも使ってマシンを走らせる

息つく暇もないほどの猛スピードで駆け抜けWRCは、
異常な平均スピードで峠道を駆け抜ける

映像から見てもわかる通り、タイヤが路面を捉えて離さない

どんなにバンピィな路面であってもマシンが飛び跳ねることもなく
地面に吸い付いているかのような挙動で路面を離さない

フォード・フィエスタWRCのサスペンションは、ドイツのZF製
フロントのサスペンションは、運転席側に大きく後傾して装着されている
リアサスペンションは、若干前傾した形で取り付けられている

ネットのコメント


「プロだなぁ。ただ、Mスポーツフォードはリアの挙動がイマイチ、緊縮財政は厳しいですね」

「だからWRCは世界最速!世界最強!」

「この動画見た息子「スポーツカーに乗るのはスポーツカーの免許がいるの?」その発想は無かった」

2020-06-20 1710 ストーリー動画で見る