レーシングカーがピット作業中に一瞬で浮上して着地するを可能にするレーシングエアジャッキ。各車両毎に特徴があって違いがあるレーシングエアジャッキ動画だけを集めた詰め合わせ動画

GoAuto
Twiiterで3036いいねを獲得!バズって話題になった動画がこちらです。

レーシングマシンに搭載されるエアジャッキの動作映像


ツーリングカーレースや耐久レースなどのマシンに搭載されるエアジャッキ

ピット作業中にマシンをエアーの力で持ち上げることでタイヤ交換を素早くさせる事ができる

レーシングエアジャッキは、マシンのシャーシ部分にあらかじめ設置されていて
1本のエアジャッキの耐荷重は約500kg。
マシンの下に3本から6本程度のエアジャッキを搭載しボディ内にホースを配管しておく事で
エアーを注入した瞬間にマシンを持ち上げ、エアーを抜く事で一気にマシンを着地させる事ができる

ネットのコメント


「R8の減圧音が独特」

「個人的にドンッて降りるの好き」

「ドンって下りたとき、ウェ!!って舌噛んだ人いないのかな」

「一般でも付けれたらジャッキでいちいちあげなくて済むから普通に欲しい…」

「これおいくらするんですか?」

「そこから爆音でピットアウトしてく様子もほしかった!(笑)」

「taxi思い出すなー」

「マッハ号はこれでジャンプしていたっけw」

「映画TAXiのプジョー思い出した」

2020-04-27 3036 ストーリー動画で見る