1989のF1 セナ と 2010年 F1 シューマッハが鈴鹿サーキットを走るオンボード映像比較

1989のF1 セナ と 2010年 F1 シューマッハが鈴鹿サーキットを走るオンボード映像比較

20年の時をこえ鈴鹿サーキットを走るF1マシンのオンボード映像比較。比較するのは1989年のアイルトン・セナと2010年のミハエル・シューマッハ。名ドライバーが鈴鹿サーキットを駆け抜ける走行シーンは感動もの

GoAuto
Twiiterで1865いいねを獲得!バズって話題になった動画がこちらです。

F1新旧比較セナvsシューマッハ


鈴鹿サーキットを走るF1マシンのオンボード映像比較
しかも比較する年代は、20年差の1989年と2010年

1989年の日本グランプリ鈴鹿サーキット
ポールポジションを獲得したのは、アイルトン・セナ
タイムは、1分38秒041
マクラーレンMP4/5
ホンダ
3.5L V10エンジン(NA)
最高出力:820馬力

一度引退し2010年に復帰したシューマッハ
が見せた鈴鹿サーキット
タイムは、1分28秒954
2.4L V8エンジン(NA)
最高出力:740馬力

ネットのコメント


「S字コーナーまではホンダパワー炸裂してたけど、それ以降はやっぱり技術革新には勝てなかった」

「スムーズさが全然違うな〜セナのねじ伏せるような走りも良いけど」

「シューマッハは神業+電子制御
セナは神業+神業
でも日々進歩する技術の前ではさすがに人間の神業は届かなくなるのか…
でもアイルトン・セナは素晴らしい。
彼を今も尚追いかけているシューマッハはタイムで抜いていてもまだセナは前に出てまま…天国でも…」

「毎年何やかんやで昨年より速いマシンを作るメカニック、凄いな。」

「セナの方が速い!?と思ったら徐々にシューマッハが…」

「シケインの角度の鋭さが全然違う(^_^;)」

「タイヤの性能が違う 車の空力も違う
鈴鹿の舗装も違うの差」

「これでもパドルシフトとHパターンですからね。」

「マシンの挙動が全然違う♫20年のF1の進歩の差がタイムに出ている。」

「セナのアクセルは神わざ」

「マジで出来ることならセナに最新のマシンに乗って欲しい」

「単純なタイムの比較ではなく、ちょっとでも気を抜こう物なら簡単に暴れてしまうマシンをねじ伏せながら走るセナと、挙動の安定しているマシンを安定して転がすシューマッハ、という対比だな。20年という時がここまでマシンを進化させてしまうのか。」

「セナに最新マシン乗せたらどーなるか見たかったなー」

「セナのアクセスワーク久しぶりに聞きました
マイケルの方がマシーン安定してる」

「マシンの安定性が全然違う。シューマッハは勿論凄いが、セナの神業は卓越」

「1・2立ち上がりまで同等かと思いきやコーナー抜ける度にシューが徐々に差を広げるのとコーナーでセナの修正蛇が多いのも電子制御の恩恵なのだろうと納得ですがこういう見方ができるのは有り難い」

2020-03-16 1865 ストーリー動画で見る
掲載日 2020-03-16

フォロワー8万人以上!安心と信頼のGoAutoTwitterをフォローしておけば、最新の話題の動画をいち早くチェックすることができます。

最近バズった話題の乗り物ニュース

バズっている動画を全てみる

GoAuto公式Twitter

安心と信頼のフォロワー8万人以上!
毎日車・バイク動画を投稿!
月間1000万のアクセス数!
車、バイク好きが集まる!
広告Tweet一切なし!

最新のレース情報や車・バイク好きの感性が上がる動画を毎日配信中です。ぜひフォローして応援してください。

新車情報、モータースポーツ、イベント情報など車・バイクで知りたいことがあれば、こちらから検索してみてください。