ドリフト会のスター「マッド・マイク」が大好きなロータリーエンジンを4基とターボを2つ搭載したロードスターを製作。とんでもないドリフト仕様のロードスターで魅せる衝撃のドリフトパフォーマンス

ドリフト会では知らない人はいない「マッド・マイク」

ニュージーランド出身のプロドリフトドライバー。

特にロータリーエンジンが大好きで4ローターのFD3S(RX-7)でパフォーマンスした事で日本のファンも多い。

今回は、4ローターxツインターボで1000馬力以上のパワーを発揮するパワーユニットを軽量コンパクトなロードスターに搭載したドリフトマシン。

グッドウッドのコースを激走するレッドブルカラーのロードスターのドリフトは、見る人を魅了しネットでも話題に

ネットのコメント

「環境、環境と口うるさく
排ガス規制をキツくした政府が憎い」

「馬力気になる」

「1500馬力だった気がします(FF外失礼)」

「そのエンジン、どっから引っ張ってきたんだ⁉️😵」

「4ローターのツインターボって、もうバケモンじゃん。」

「最高に頭悪い(褒め言葉)」

「ぶっ飛んでるね〜(褒め言葉)」

mazda
ロードスター
ドリフト
マッド・マイク
MX5

2019-08-12 2336 ストーリー動画で見る