【動画あり】ヒルクライムレースに登場したalpine A110。機敏過ぎるヒルクライムの正体が軽量ボディに搭載されたKAWASAKI ZX-12Rだったという話題のヒルクライム動画

ワイドなボディとその軽量コンパクトなAlpine A110がヒルクライム走行する動画。

ワインディングの多い峠道を軽快かつしなやかに駆け上がる姿が心地よい。

そして、この動画を一気に話題にさせてしまったのは、搭載されたエンジン。

なんと KAWASAKI ニンジャ ZX12-R のエンジンを搭載しているのだ。

気になるエンジンスペックは、

1.2リッター水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
181ps/10,500rpm
136N-m/7,500rpm

もともとスズキの隼に対抗してkawasakiが開発したエンジンだけに
バイクのみならず、車に搭載しても最高のパフォーマンスを発揮していることがこの動画でもわかる。

やっぱり、バイクのエンジンは、車に搭載しても凄かったのだ

ネットのコメント

「音がモトGPだ!」

「音がすげぇ。」

「エンジン音が凄くいいですね😀」

「もう車じゃないね」

「ここまでワイドボディ&ショートデッキだとオーバーステアやばそう…絶対運転しにくい」

「ドライバーを選ぶアルピーヌ」

「バイクのエンジンは、車にとってピーキーな気がする。ちょっと古いけど、ホンダZCエンジンなんか、どうですか?」

「足回りすげーな」

「ミッションはどーなってんだろ」

「ですよね⁉️特にバック( -_・)?」

「おっさん達があーーーーーー!って言ってると思ったわ」

「凄すぎぃ!」

「欲しい」

「たまらん。」

ヒルクライム
Kawasaki
ZX12-R

2019-08-06 2639 ストーリー動画で見る