バイクレース中におきたハプニング。コーナーで接触した2台のバイクが危険な感じで絡み合い奇跡的な展開に。ただしライダーは骨折してしまった模様

バイクレース中におきたハプニング。
危険な接触事故でライダーは骨折してしまう大事故なのだが、色々と奇跡的なことが重なった珍しいバイク事故となってしまった。

コーナーに差し掛かったところで後方から白色のバイクがインにバイクをねじこむ。
ブルーのマシンは自分のラインでコーナリングを開始。

コーナリング中にライダーやバイクが軽く接触してしまうケースや、そのまま接触して転倒してしまうケースは良くあるケース。

今回の場合は、軽く接触した際に白色のバイクが青色のバイクのフェンダーとマフラーの間にはまってしまう形で巻き込まれる。
白色のバイクのライダーはこの状況に対応しようとするも、自分の足を後輪に巻き込まれてしまうアクシデントで骨折してしまう。

オフィシャルも駆けつけライダーを救出

2台のバイクは、コーナー中央にお互いを支えあう形で直立してしまった。
後続ライダーも上手にバイクを交わしていく。

ネットでのコメント

「あのゴリ押しラインなら、もう少しタイミングずらせば青の後ろには入れたと思う
コーナー直前でアウトに出るのが早過ぎたんだと思う
ここで抜くべきでは無かった(^^;」

「足がマフラーとホイールの間に挟まってますね」

「白いバイクのライダーさん、大丈夫でしょうか?足が折れていなければ良いのですが・・・・・😱」

「イン側を攻めすぎましたね!」

「何故にあんな所に挟まるの?
恐怖しかない((( ;゚Д゚)))」

バイクレース

2019-06-20 1278 ストーリー動画で見る