異常なスピードですり抜けをするバイク。渋滞中のバイクのすり抜けは道路交通法違反になるのか?渋滞と無縁と思われているバイクのすり抜け。「違反」になってしまうのか気になる本当の事はこれ

連休になるたびにあちこちで発生する渋滞。

バイク乗りにとって、渋滞はすり抜けで回避する!なんて考えの人も多い事でしょう。
今回話題になったすり抜け映像は、驚異的なバイクのスピード。

すり抜けにしては少々スリルのあるスピードだったので、ネットでもあぶねーと話題になりました。

バイク乗りにとっては、すり抜けは渋滞を回避して快適にツーリングを楽しむために必須だが、ドライバーにとっては、渋滞中に注意を払わないといけない厄介なもの。

すり抜けって違反なのか?

ここで気になる事は、「すり抜けは違反かってこと」

すり抜けは違反ではありません

ただし、勘違いをしてしまいがちな事をすると違反となるので注意点をまとめました。

車両の左側を追い抜いてはいけない。路側帯を通って追い越しをする行為は違反となります。
これは1車線の道の場合もこれに該当するので注意

追い越し車線(黄色)の線をまたいでの追い越しはダメ。

信号待ちのすり抜けで気をつけたいのが、停止線の無視
すり抜けた後にバイクの停車位置が横断歩道などの停車線を超えた場所に停止してしまうことがあります。

一番わかりずらいのは、「割り込み行為」
車の間をすり抜け、流れに戻るために車両の前に入るなど車にとって割り込みと思われる行為があります。

すり抜けを中心に取り締まりを行うケースはあまり多くはありませんので、車両の間を適度な速度ですり抜ける事は問題ないようです。

ただし、今回の動画のように危険と思われるスピードですり抜けを行うと検挙されてしまう場合もありますので注意が必要ですね。

渋滞
すり抜け

2019-04-16 1291 ストーリー動画で見る