最近、スーパーカーに乗車してエンジンをかけるなどオーナー視点で見ることができる動画が話題になることが多い。絶対に乗ることもないスーパーカーにオーナーとして乗車できる疑似体験は魅力的なんでしょうか。

ランボルギーニ初のSUVウルス。
価格は2780万年からとなる高級スーパーカー。
SVUの中でも、全長5,112mm x 全幅2,016mm とロングでワイドなボディ。
フロントフェイスは、ランボルギーニの特徴ある顔つきで登場したのがこのウルス。

4.0L v8エンジンは、
最高出力は、478馬力
0-100km/h 加速 3.6秒

今回の動画は、黒色のランボルギーニ・ウルスのオーナーと見られる人が、
前方から、運転席のドアを開けて、エンジンスタート、そのあと、モード切替スイッチを動かす。
という単純なもの。

ネットでは、ランボルギーニのウルス自体があまり目にしない車両があたかも、オーナーになったかのような疑似体験ができる
たったそれだけの事なのに、話題になってしまうのは、最近の流行りなのかも。

ランボルギーニ
ウルス

2019-03-14 1334 ストーリー動画で見る