角田は苦しい週末を過ごすも「コミュニケーションをしっかり取り、次に活かそうとしている」/ホンダ本橋CEインタビュー

 各マシンの『素の速さ』が見えると言われるバルセロナ-カタロニア・サーキット。そこで開催された2021年F1第4戦スペインGPでのアルファタウリ・ホンダは、角田裕毅が予選16番手、レースはリタイア、ピエール・ガスリーも予選12番手から10位入賞と、今ひとつの結果だった。中団勢の実力差が昨年以上に拮抗していることが明らかになった今、「ちょっとした取りこぼしが、大きなロスになってしまう」と、ホンダF1の本橋正充チーフエンジニアは分析する。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-05-15 08:00 141
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る