NLSニュルブルクリンク耐久シリーズが2022年以降に12時間耐久などレース距離拡大を検討

 すでに2021年シーズンの3分の1が終了したニュルブルクリンク耐久シリーズ(NSL/旧VLN)。代表を務めるラルフ・ゲラルド・シュリューター(VLNe.V.&Co.oHG総代表)とクリスティアン・シュテファニ(VLNVVGmbH&Co.KGマネージングディレクター)が、2022年に向けた活動計画予定を発表した。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-05-14 09:52 122
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る