トヨタの新型ハイパーカーが初予選で1-2。ポール獲得の小林可夢偉「本当に誇りに思う」/WECスパ

 4月30日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットでWEC世界耐久選手権第1戦スパ6時間レースの予選が行われ、TOYOTAGAZOORacingは小林可夢偉駆る7号車トヨタGR010ハイブリッドがポールポジションを獲得し、中嶋一貴がアタックを担当した8号車トヨタGR010ハイブリッドが総合2番手に続いた。この結果、2台のトヨタGR010ハイブリッドは、歴史的なハイパーカーのデビューレースをグリッド最前列から並んでスタートすることになった。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-05-01 11:50 161
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る