ボッタス、ラッセルの“F1紳士協定違反”発言に反論「正当な防御をしていただけ」

 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPでのアクシデントについて、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、メルセデスのバルテリ・ボッタスが“紳士協定”を破ったことが接触の一因であると、レース直後に発言した。ボッタスはこれを否定し、接触が起きた原因はラッセルにあると改めて主張した。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

F1第3戦ポルトガルGP(ポルティモア)の関連記事まとめ

2021-04-24 10:36 122
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

F1
タタ
シティ