メルセデス初の電気自動車『EQC400 4MATIC』が装備見直し。大幅値下げで再登場

 電動化のブランディングとして“MERCEDES-EQ”のサブネームを掲げて展開されるEVモデルのうち、先陣を切って日本上陸を果たしていた『EQC4004MATIC』が一部変更を受け、標準装備の一部をオプション化することにより、メーカー希望小売価格を約185万円安と大幅にプライスダウンして登場。4月20日より予約受注が開始されている。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-22 16:01 137
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る