ライコネン「9位でレースを終えたが、ペナルティにより努力は報われなかった」:アルファロメオ F1第2戦決勝

 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのキミ・ライコネンは13位、アントニオ・ジョビナッツィは14位でレースを終えた。ライコネンは9位でフィニッシュしたが、赤旗後のリスタート時に違反があったため30秒加算ペナルティを受け、13位に降格となった。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-20 07:10 81
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

F1
アルファロメオ