「どんどん遅くなっていった」とマクラーレンF1のリカルド。不可解なペース不足はガスリーとの接触が原因

 マクラーレンは、F1バーレーンGP決勝後、ダニエル・リカルド車を調べた結果、フロアがダメージを負っていたことが分かったと明かした。それによりかなりのダウンフォースが失われていたとマクラーレンは考えている。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-05 15:31 137
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る