雨雲接近の難天候のなか、野尻が大湯を抜き返して開幕戦勝利【第1戦富士決勝】

 2021年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦の決勝レース(41周)が行われ、ポールポジションからスタートした野尻智紀(TEAMMUGEN)がトップチェッカーを受けた。大湯都史樹(TCSNAKAJIMARACING)、福住仁嶺(DOCOMOTEAMDANDELIONRACING)がそれぞれ2位、3位となり、ホンダ勢がトップ3を独占した。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-04 16:29 126
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る