セブリング12時間:可夢偉の48号車キャデラック、最大運転時間超過によりクラス最後尾扱いか/IMSA

 現在、決勝レースが行なわれているIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第2戦のセブリング12時間レースにおいて、ジミー・ジョンソン/シモン・パジェノー/小林可夢偉がドライブするアリー・キャデラック・レーシングの48号車キャデラックDPi-V.Rは、最大運転時間の超過により、決勝リザルトにおいてクラス最下位扱いとなる見込みだ。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-03-21 10:03 177
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る