新車情報・レビューニュース

スーパーカブは、高校生の大切な通学の足。HONDAが感謝を込めて高校生ライダーに送るミュージックビデオ

2018-09-14 00:00 閲覧数:433 スーパーカブは、高校生の大切な通学の足。HONDAが感謝を込めて高校生ライダーに送るミュージックビデオ

鹿児島県の種子島ではHONDAのスーパーカブで通学する高校生も少なくない。3年間の高校生活に欠かせないHONDAのスーパーカブ。スーパーカブと一緒に高校を卒業する高校生に向けてクリープパイプが素敵な楽曲をプレゼント。

スーパーカブで通学する高校生



鹿児島県の種子島高校には、HONDAのスーパーカブで通勤する文化がある。
今年3月HONDAが高校生ライダーに卒業の祝福メッセージを新聞の全面広告に載せたという
ねとらぼの記事は、瞬く間に2,500ツイート 5,500いいね!を獲得するほど話題に。

スーパーカブを愛する種子島の高校生ライダーに向けて、本田技研工業株式会社が新たなプレゼント動画を9月14日に公開しました。

クリープハイプとコラボレーションしたミュージックビデオに込められた思いとは。

HONDA出なくても、高校生活でスーパーカブを愛している高校生ライダーに感謝したいのは、日本全国のライダーも同じではないだろうか?

バスや電車など通学に困らないエリアでは、若者のバイク離れには拍車がかかり、
若くしてバイクに興味を持つことすら少なくなった昨今。
種子島の高校生ライダーの光景は、ある意味、懐かしさと感動を覚える風景ではないだろうか。

スーパーカブで通学する種子島の高校生ライダー

スーパーカブにまたがる女子高校生。種子島では、男女問わず高校生ライダーを多く見かける

スーパーカブで通学する種子島の高校生ライダー

もちろん、男子高校生もスーパーカブにまたがり、速度30kmで通学を楽しむ

スーパーカブで通学する種子島の高校生ライダー

種子島の朝の1風景。HONDAのスーパーカブにまたがる高校生ライダーがいたるところを行き交うのが種子島の朝の光景となっている。

スーパーカブで通学する種子島の高校生ライダー

高校側もバイク通勤を認めており、高校の構内にあるのは、「成績落とさず、スピード落とせ」という標識。

スーパーカブで通学する種子島の高校生ライダー

高校生が部活を終えて帰宅する時間は、もう夕暮れ。

スーパーカブで通学する種子島の高校生ライダー

3年間の高校生活を共に過ごすHONDAのスーパーカブ。
スーパーカブと過ごした3年間はここ種子島の高校生にとって思い出となっていることだろう。

そして、高校生の通学用として、スクーターではなく、ホンダのスーパーカブが高校生に選ばれている点も
ライダーとしてはどことなく嬉しい。

免許をとって、初めてまたがるバイクはホンダのスーパーカブ。
ホンダが今回送るのはミュージックビデオ。

Me and Honda ×クリープハイプ「ゆっくり行こう」MV(出演:種子島高校の生徒たち)



参照元:

鹿児島県、種子島。
電車もない、バスも少ないこの島では
多くの高校生がスーパーカブで通学しています。

新車を購入する人もいれば、
親や兄弟から譲り受けたカブに乗る人もいる。
世代を超えて何十年と続く"カブ通学"は、
種子島の一つの文化として息づいていました。

これまで何十人、何百人とスーパーカブに乗ってくれた
種子島の高校生たちに感謝を込めて、
特別なミュージック・ビデオを制作しました。
私たちの想いに共感してくれたのは
日本のバンド、クリープハイプ。
彼らが生み出した最高の音楽に
島の青春を切り取った最高の映像を合わせました。

スーパーカブと過ごした日々が、
どうか、かけがえのない思い出になりますように。

HONDAスーパーカブ



スーパーカブ50の価格は、232,200円(消費税込み)
空冷4ストローク単気筒エンジンの燃費は、105.0km/Lと通勤にはもってこいのバイク

HONDA スーパーカブ

クリープハイプとのコラボレーション



ミュージックビデオの舞台は、東京の小さなアパートと、大自然に囲まれた種子島の高校。
新聞配達にやってきたカブのエンジン音が耳に届くところから、音楽が始まります。
種子島の高校生たちに思いを馳せながら綴られた歌詞にも注目です。
種子島のシーンは、実際にカブで通学している高校生たちの、リアルな高校生活を追いかけるドキュメンタリーになっています。

●クリープハイプからのコメント
東京と種子島。
楽曲制作をしていくなかで、遠い距離を身近に感じる瞬間もありました。
映像で鳴っている、静かに強いカブの音が印象的でした。
今回、こうして関わることが出来て嬉しかったです。

「ゆっくり行こう」歌詞


作詞/作曲:尾崎世界観
-------
意味ならないけどだからなに
うるせーよ 黙ってろ もういいよ
茶色く染まった君の髪
でも 同じ声 同じ顔 同じ君

そんなに焦るなよ ゆっくり行こう

いつか

くだらない妬みや 変わらない痛みに
傷ついて気づく日も
この先いつだって 君の味方だよ
だからなに うるせーよ

どうせ明日には元通り
真っ黒に なるくせに いきがるな
だから今日だけは
いつもより悪そうに 怒っても 怖くない

そんなに簡単に 変わらないよ

居場所がなくなって 自分だけがいつも
ひとりだと思う日も
なんだ偶然だな ほら一緒だよ
だからなに うるせーよ

●MV監督プロフィール:
柘植泰人(つげ・やすひと)1983年、愛知県生まれ。
november, Inc.所属。
ドキュメンタリーを自身の基盤とする映像作家。
2012年、草津・京都・美濃など日本の風景を収めた映像が大きな話題を呼び、以後、広告を中心に活躍の場を広げている。

Me and Hondaポータルサイト TOP
クリープハイプ オフィシャルサイト

Go Autoのニュースまとめ

#honda #スーパーカブ #ミュー

関連する自動車・バイクニュース 関連ニュース

新着の自動車・バイクニュース 新着ニュース

良く読まれている自動車・バイク記事 良く読まれている車・バイクニュース

SNSフォローお願いします!

GooAutoのFacebookページ Facebook

GooAutoのTwitterページ Twitter