自動車ニュース

フェラーリ「488ピスタ」がフィオラノサーキットを走る。ターボならではの重低音サウンドを動画にて【動画有】

2018-06-21 11:01 閲覧数:424 フェラーリ「488ピスタ」がフィオラノサーキットを走る。ターボならではの重低音サウンドを動画にて【動画有】

ジャーナリストのコメントよりもフェラーリのサウンドを聞け! 世界各地のジャーナリストたちが、イタリア・フィオラノサーキットにてフェラーリのハードコアV8ツインターボモデル「488ピスタ」をレビュー。 インプレッションを交えながらレビューする動画が多数投稿されている中で、圧倒的な視聴人気を得ているのが、"一言もジャーナリストが喋らない試乗動画"。 サーキット場にて、ただひたすらに「488ピスタ」の野獣とも言うべきV8ツインターボエンジンとエキゾーストサウンドを奏でながら、驚異的な加速で流していくシンプルな動画となっています。 「488ピスタ」ってそんなに凄いの? 「488ピスタ」の前身は、V8自然吸気&エンジンチューニングを施した「458スペチアーレ」となりますが、それをダウンサイジング&ツインターボ化&過激チューニングすることで、フェラーリ本来の甲高いエキゾーストサウンドは失うも、まるで野獣のような迫力あるサウンドとパワーを取得したのが「488ピスタ」となります。 パワートレインについては、「488GTB」ベースとなる排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720hp、最大トルク770Nmを発揮。車体重量は軽量化に軽量化を重ねて1,280kgを実現しています。 パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は2.85秒、0-200km/hの加速時間は7.6秒、最高時速340km/hにまで到達し、「488GTB」と比較して車体重量が10%軽減されているため、レーシングモデルとなる「488チャレンジ」並みの加速性能(ダウンフォースは20%向上)を持つといわれています。 ただ、以前の記事でも紹介した通り、0-100km/hの加速時間はカタログ値2.85秒よりも更に速い2.26秒を記録している、ある意味ガソリン車両としては最強の加速性能を有していることになります。 「488ピスタ」は競合モデルよりも圧倒的に優れている?

元の記事を読む  Creative Trendのニュースまとめ

#フェラーリ #ターボ

関連する自動車・バイクニュース 関連ニュース

新着の自動車・バイクニュース 新着ニュース

良く読まれている自動車・バイク記事 良く読まれている車・バイクニュース

SNSフォローお願いします!

GooAutoのFacebookページ Facebook

GooAutoのTwitterページ Twitter