自動車・バイクニュース


おすすめの自動車・バイクニュース

シボレーがイケてるコンセプトカー公開。「Find New Road」=FNR-Xコンセプト

2017-04-20 36 Life in the FAST LANE シボレーがイケてるコンセプトカー公開。「Find New Road」=FNR-Xコンセプト 写真・画像

シボレーが昨年に公開したコンセプトカー「FNR」をちょっとだけ現実的に手直しした「FNR-Xコンセプト」を上海モーターショーにて公開。
トヨタC-HR、レクサスNXと同じ路線の「ファッショナブルSUV」ですが、シボレーによると「オール・パーパス・スポーツ・コンセプト・ビークル」とのこと。

シボレー
続きを見る

シボレー・コルベットに5台のみの「アドミラルブルー・ヘリテージ」発表。1280万円ナリ

2017-04-06 31 Life in the FAST LANE シボレー・コルベットに5台のみの「アドミラルブルー・ヘリテージ」発表。1280万円ナリ 写真・画像

1963年、1999年、2011年にそれぞれ登場したコルベットの伝統を「引き継ぐ」モデルとしての設定ということですが、ボディカラーは1999年に登場した「アドミラルブルー」、レッドのハッシュマークもこの世代のコルベットをイメージしているようですね。

コルベット シボレー ミラ
続きを見る

シボレーがカマロ「トラック・コンセプト」発表。日常性とスポーツ走行との両立

2017-03-08 16 Life in the FAST LANE シボレーがカマロ「トラック・コンセプト」発表。日常性とスポーツ走行との両立 写真・画像

シボレー・カマロ・トラック・コンセプトがジュネーブ・モーターショーで公開に。
これは「毎日のドライブにも使えて、いざという時はサーキット走行も高いレベルでこなす」というコンセプトのもとに開発された車で、現在アメリカのみで提供されるシボレー純正のパフォーマンスパーツを組み込んだもの。

シボレー カマロ
続きを見る

ドバイで見かけた車たち。シボレー・コルベット、ダッジ・チャージャー、ポルシェ、アストンマーティン他

2017-02-26 37 Life in the FAST LANE ドバイで見かけた車たち。シボレー・コルベット、ダッジ・チャージャー、ポルシェ、アストンマーティン他 写真・画像

車種別にまとめようとも考えたのですが、とにかくいろいろな車が目につくので区切りをつけることが難しく、ざっとアップしてゆきます。
まずはアストンマーティン。
アストンマーティン自体は意外と少なく、同じイギリスのロールスロイス、レンジローバーに比べるとかなり少なめ。
「ラゴンダ」は当初中東専用モデルとして販売されていますが、今のところラゴンダは目撃していません。

ポルシェ コルベット アストンマーティン シボレー ダッジ チャージャー
続きを見る

リコール情報。シボレー・コルベット(Z16/ZO6/ZR1)のステアリングロックが解除できない可能性

2017-02-24 47 Life in the FAST LANE リコール情報。シボレー・コルベット(Z16/ZO6/ZR1)のステアリングロックが解除できない可能性 写真・画像

シボレー・コルベット(Z16/ZO6/ZR1)にリコールが発生。
これはハンドルロック部のモーター製造に問題があるもので、モーター内部の絶縁体損傷のためにモーターが作動しなくなり、最悪ではハンドルロックが解除できずエンジンの始動ができなくなる、というもの。

コルベット シボレー
続きを見る

シボレー・コルベットに4ドアが存在。6台製造されたうちの1台が販売中

2017-02-19 35 Life in the FAST LANE シボレー・コルベットに4ドアが存在。6台製造されたうちの1台が販売中 写真・画像

これはカリフォルニアのコーチビルダーによって6台のみ製造されたもので、名称は「コルベット4ドア・アメリカ」。
製造にあたっては「ニコイチ」で、いったん二台を切ってからつなげるという手法を採用し、それによって76.2センチ延長されています(よってコストは二台分はかかっている。
不要パーツを売りさばいたとしても工賃分まではペイできない)。

コルベット シボレー
続きを見る

コルベット「エアロワーゲン」が4年の歳月を経て完成。シボレー公認、コルベット博物館でお披露目

2017-02-11 54 Life in the FAST LANE コルベット「エアロワーゲン」が4年の歳月を経て完成。シボレー公認、コルベット博物館でお披露目 写真・画像

キャラウェイが発売を計画していた、コルベットを「ワゴン」にしてしまうコンバージョンキット「キャラウェイ・エアロワゴン」の姿が初めて公開に。
これは2013年にキャラウェイが「生産する」としてその計画を発表し、その3年後の2016年4月に受注を開始。
そして今回ようやく「実物が完成」ということになりますが、実に4年越しの計画が実現ということになりますね。

コルベット シボレー
続きを見る

こんなにデカいんか・・・。フォードのトラックに追突されたシボレー・コルベットの悲劇

2017-02-07 65 Life in the FAST LANE こんなにデカいんか・・・。フォードのトラックに追突されたシボレー・コルベットの悲劇 写真・画像

フォードのトラック(Fシリーズ)に追突されてしまったシボレー・コルベット。
車は大破し残念ではありますが、この状況にかかわらずドライバーは無事。
なおトラックは市が所有するもので、事故の原因は現在不明(調査中)となっています。

コルベット フォード シボレー
続きを見る

シボレーが実物大バットモービルをレゴで製作。長さ5.1 / 幅2.8メートル、重量768キロ

2017-01-21 34 Life in the FAST LANE シボレーが実物大バットモービルをレゴで製作。長さ5.1 / 幅2.8メートル、重量768キロ 写真・画像

シボレーが実物大のバットモービル(大コケしたバットマンVSスーパーマンに出ていたタイプで、次回作にも登場)をレゴにて製作。
全長5.1メートル、幅2.81メートル、高さ2.1メートルという巨大なサイズ。
重量は768キロとされています(タイヤは一個あたり45キロ)。


シボレー
続きを見る

ずっと200万円程度の値しかつかなかったブルース・スプリングスティーン所有のシボレーが4000万円で落札

2017-01-02 52 Life in the FAST LANE ずっと200万円程度の値しかつかなかったブルース・スプリングスティーン所有のシボレーが4000万円で落札 写真・画像

ブルース・スプリングスティーンがかつて所有していたシボレー・ベルエアが4000万円で落札。
この車は1957年モデルで、ブルース・スプリングスティーンによって購入され、当初はベイビーブルーのボディカラーであったものの、後に現在の「ゴールデンイエロー+ファイヤーフレーム」にリペイントされています。
なお、購入時の価格は250万円ほどであった、とのこと。

シボレー
続きを見る

シボレーが複数のカマロをSEMAに。「ハンドリングに優れるカマロ」「見た目にこだわったカマロ」などコンセプトが明確

2016-11-03 37 Life in the FAST LANE シボレーが複数のカマロをSEMAに。「ハンドリングに優れるカマロ」「見た目にこだわったカマロ」などコンセプトが明確 写真・画像

シボレーはSEMAに大量にカスタムカーを持ち込む模様。
まずはターボ・オートXコンセプトですが、こちらは加速やパワーよりも「ハンドリング」にこだわったモデルとなっています。
タイトなサーキットでの取り回しを考慮しエンジンは2リッター4気筒ターボをセレクトしており、なかなか面白いコンセプトだと思います。

シボレー カマロ
続きを見る

何このモッコリフード。シボレーがメーカー純正にてドラッグレース専用カマロを発売

2016-11-02 97 Life in the FAST LANE 何このモッコリフード。シボレーがメーカー純正にてドラッグレース専用カマロを発売 写真・画像

シボレーが2017年モデルの「COPOカマロ」を発表。
コポとは可愛らしい響きですが実車のほうはそんな甘っちょろいモノではなく、プライベート・ドラッグレーサーのために開発された超過激マシン。
見ての通りフロントボンネットが異常に盛り上がるなど「ただならぬ」雰囲気を醸し出しています。

シボレー カマロ
続きを見る

2017シボレー・カマロZL1がニュルを7:29で周回。ポルシェ・カレラGTのわずか1秒遅れ(証拠動画あり)

2016-10-26 11 Life in the FAST LANE 2017シボレー・カマロZL1がニュルを7:29で周回。ポルシェ・カレラGTのわずか1秒遅れ(証拠動画あり) 写真・画像

シボレー・カマロZL1の2017年モデルがニュルブルクリンクを7分29.6秒で周回。
公式にて動画を公開し、その数字に偽りのないことを示していますが、これは正直かなり速いタイム。
どのくらいのタイムかというと、ニュルブルクリンクでおおよそ30位に入るタイムであり、2012年モデルのメルセデスSLS AMGと同程度、ポルシェ・カレラGTの1秒遅れくらいのタイム。


ポルシェ シボレー カマロ
続きを見る

シボレー・コルベット2017年モデルのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは10色

2016-08-22 100 Life in the FAST LANE シボレー・コルベット2017年モデルのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは10色 写真・画像

2017年モデルのコルベットには、これまでお馴染みのパフォーマンスパッケージやスポーツ・ヘリテージパッケージのほか、カーボンを使用したエアロパーツや各種ストライプ、フェンダーマークも選択可能。
エアベント類のカラーも選ぶことができ、まず純正オプションだけでも満足の行く仕上がりになりそうです。

コルベット シボレー
続きを見る

良くある質問

#シボレーに関する質問
シボレー コルベットC7にオープンカーにならない仕様のやつはありますか?

回答がこちら
全て タルガトップ もしくは コンパーティブル なのが歴代コルベットです


#シボレーに関する質問
ブロアモーター付近の異音について、考えられる原因をご教示いただけますでしょうか。
まず車ですが、99年式のシボレータホLTです。
以下、異音の詳細です。
・高音で、「ヒュー」といっ た感じの音です ・ダッシュボードの下辺りで、特に助手席側のブロアモーター付近で発しているように聞こえます ・ブロアがオフの状態でも異音を発します ・エンジン回転数に比例して音が大きくなります ・A/Cのオン/オフとは無関係に異音を発します ・エンジン及びACCオフの状態では異音は発しませんでした ・カーオーディオの電源オフの状態では異音は発しませんでした ・カーオーディオの音量とは比例しませんでした ・ブロア風量と音量は比例しないように思います 上記とは直接関係ないかとは思いますが、以下、気になる点です。
・思い返すと、半年ほど前から微音を発するようになったように思います ・A/Cボタンをオン、ブロア風量はゼロ(オフ)の状態でも、A/Cコンプレッサーは断続的に回ります ウェブや知恵袋を調べて、 ブロアモーターそのものか、ブロアレジスターが怪しそうに思っておりますが、 情報量が少なく決定打に欠く状況です。
何卒よろしくお願いします。

回答がこちら
ブロア風量はゼロ(オフ)の状態でも.A/Cコンプレッサーは断続的に回ります リレー関係では


#シボレーに関する質問
中古車について。
2008年式トヨタ・ヴェルファイア3.5Z Gエディションと2002年式シボレー・アストロLS 2WDの2車種で迷っています。
いずれも無改造のどノーマルで。
僕は現在独身なのですが、両者のデカさ(同サイズ)とトールボディ・セミキャブオーバースタイルに惚れて、どちらかが欲しいんですが、そこで質問です。
僕は両者に対し、以下の項目をどちらが買って良かったと満足できるかの判断基準にしています。
以下の項目に対してどちらがおすすめかを詳しく教えて下さい。
ヴェルファイア vs アストロ 1.どちらが車内からの目線の高く見晴らしが良いか?またはそれらに両者で大きな差はあるか無いか? 2.両者の座高やステップ高などに大きな差はあるか無いか? 3.高速安定性はどちらが高く優れているか? 4.どちらが長時間・長距離を走っても疲れにくくて快適か? 5.どちらが足回りがしっかりしていて高速走行していてもふらつかないか? 6.発進加速・急発進はどちらが優れているか? 7.どちらが偉そうに見えて威張って優越感に浸れるか、あるいはどちらが若い女の子にモテるか? 8.オーディオスピーカーの音質はどちらが優れているか? 9.夜明け前や夕暮れの街やベイエリアのシーンに似合うのはどちらか? 項目が多くてすみません。
またちょくちょく項目の内容が特殊ですみません。
ちなみにアストロの場合は1ナンバー登録で購入しようと思っています。
用途は真夜中・夜明け前や夕方のドライブ(高速道路や街中や湾岸付近)、遠出、レジャーなど…特に限定はありません。
皆様のたくさんのご回答をお待ちしております。

回答がこちら
参考程度に。
1.現在アストロに乗っておりヴェル(08ではない)にも一度試乗したことありますがアストロの方が気持ちアイポイント高い気がしました。
測ったわけではありません。
2.過去にアストロのステップ高はお答えしたことあります。
ヴェルとの比較まではしておりません。
3.アストロはフワフワしております。
ヴェルは高速運転したことないので分かりませんが一般道走った感じ少し硬めなのかな?って感じでした。
4.アストロで実家に帰省しますがシートが大きく柔らかいためか、あまり疲れないです。
片道400㎞です。
5.恐らくヴェルの方がしっかりしてます。
アストロはフワフワ 6.アストロ総重量2.5トン程、本当に重いし遅いです 7.周りにはアストロ威圧感あるねって言われます。
優越感はちょっと。
ドアは重たいので女の子には厳しいかと…理解あれば嬉しいですね。
8.純正で比べたら間違いなくヴェルです。
アストロは酷いです。
9.ヴェルですかね。
個人的にはアストロの方がラフに乗れるので好きですがスーツを着たりフォーマル格好やシーンはヴェル。
私も1ナンバーで乗っておりますが車検がちょっと面倒くさい、高速料金割高です。
パーツは基本的にワールドパフォーマンスで購入して自分で部品交換。
ヴェルと違い高級車でも無いので部品はべらぼうに高くないです。
長文失礼しました。
良いカーライフを。


#シボレーに関する質問
2001年式のシボレーカマロを所有しています。
大型のリアスポイラー(リアウイング)が装着されているのですが、重すぎるのかスイッチを入れても開かなかったり、すぐに落ちてきてしまったりの状態です。
同様のリアウ イングは市販されているので何か対策があると思うのですが・・・。
強化ダンパーをネット検索してみたりしたのですが見つけることができませんでした。
皆様のお知恵をお借りしたいのですが、よろしくお願いいたします。

回答がこちら
対策なんてありません 市販されてるから対策があるなんていう思考が間違ってる


#シボレーに関する質問
アメ車でバンタイプの車を探しています。
現在も販売しているモデルです。
2017年モデルで言うとシボレー エクスプレスはあるのは知ってますがその他に何がありますか?日本未発売でも構いません。
ちなみにダッジ ラム バンは2001年までしかないですよね? またアメリカ以外でもそのタイプの物で大きな車があれば教えてください。

回答がこちら
下の回答以外で。
Ram Promaster Ford E-Series Fiat Ducato Gaz GAZelle


#シボレーに関する質問
シボレーアストロ96に乗っています。
フロントはドロップスピンドルで2インチダウン、リヤはローダウンリーフで3インチダウンしています。
リヤはショートショックで良いのですが、フロントはノーマルショックで良いの でしょうか?

回答がこちら
アストロ96乗りです ノーマルでも、しっかりと減衰力があれば、それほど問題ないかと思いますが、へたっているなら、交換ついでにショートタイプのが良いでしょう ノーマルでは、ふわふわ感などから、エアロが走行中に道路にヒットしたり、タイヤもサイズ次第でタイヤハウスで当たったりとトラブる可能性ありますからね


#シボレーに関する質問
シボレータホ 2007年式LTZを購入検討しています 質問ですが サードシートはワンタッチで取り外し可能でしょうか?

回答がこちら
Chevy Tahoe Seats, 3rd Row Removal https://www.youtube.com/watch?v=PVKDqmEvUoI


#シボレーに関する質問
首都圏(京阪神ではなく)で超高級車・スーパーカーを発見しに一番よい場所はどこですか? メルセデスマイバッハS 600・911 GT3 RS(タイプ991)・メルセデスAMG G 63 6×6・シボレーコルベットZ06 C7・アヴェンタドールLP750-4スーパーヴェローチェなどなど。
都内には高級車やスーパーカーを見たいです。
どこに見れますか? 青山通り(赤坂、南青山) 六本木 麻布 白金 丸の内・大手町 お台場、有明などに東京臨海 横浜 成田 つくば 宇都宮 甲府 等々... 私は英国ブランドの超高級車・スーパーカーで右ハンドルを見ることが期待できますか?ヴァンキッシュ(2代)、RR レイス・ファントムEWB、マクラーレンP1などなど。

回答がこちら
https://www.google.com/maps/place/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%BB%E8%8A%9D%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0+(%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA%E6%9D%B1%E4%BA%AC)/@35.652364,139.748594,17z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xaa0f1ea64b675ee8!8m2!3d35.6523642!4d139.7485936?hl=ja-JP


#シボレーに関する質問
シボレーのアバランチを購入したいのですが貯金26万給料は13万ですボーナスはありません購入は出来ますかねナンバーは1にしよううと思います

回答がこちら
本体価格が状態のよいもので300万円。
維持費については年齢や保険により大きく変わりますが、税金や車検、任意保険などで年間15~30万円ほどです。
駐車場代がただの地域であればそこにガソリン代が1.5万円/月として18万円。
故障などがなくて約50万円/年の維持費と思えば良いでしょう。
給料が13万円で全部車に使えるとうことでないとすると、一般的には下記くらいの費用は一般生活でかかります。
通信費:5000円(格安スマホのみでこれくらい) 食費 :30000円(自宅ならば昼食代を除いた一部を両親へ渡すのが普通) 交際費:20000円(飲み会や遊行費として大人ならこれくらいは必須でしょう) 貯金・保険 :30000円(車とは別の貯金もしておくべきです) 合計で8.5万円は必要経費としてかかると思います。
よって、13万円の給料では4.5万円しか自由なお金は残りません。
年間維持費が50万円とすると、自由になる4.5万円ではローンに回せるお金はありませんので本体はローン無しで購入する必要があります。
この4.5万円を全額貯めたら54万円/年ですから6年貯めれば車は買えます。
頑張って貯めれば、購入して維持はできると思います。


#アメ車に関する質問
シルビアs15 SR20DET不調について 最近エンジンを始動すると一気筒点火せずに3気筒になってしまうことが時々あります。
暖気したあとエンジンをかけ直しても治りません。
エンジンの始動性は通常通り良好です。
この症状は毎回ではなく三回に一回くらいのペースで発生します。
この場合の原因はプラグまたはイグニッションコイルのどちらですか? また、3気筒の状態でやむなく走行する場合エンジンにどれほどのダメージを与えるのでしょうか?アメ車のようなドロドロした排気音で、車内がガタガタ揺れるので心配です。

回答がこちら
電子制御ですね。
いろいろ 考えられますね。
ただ、各センサー類だと ある程度の振動などで 頻発するケースが多いですよ。
今回は、3度に1度 という事なので、プラグが疑わしいでしょうね^^ おそらく初期で かぶってしまうんじゃないかな? プラグを交換しても ダメなら コイルです。
ちなみに 3発での運転は エンジンに非常にダメージが行きます。
歪みますよ。
特に、SRはアルミブロックなので。




スポンサードリンク

中古車情報