自動車・バイクニュース



❗❗❗いいねのご協力お願いします ❗❗❗


みんなよろこぶ!見て楽しめる!情報をシェアしよう!

おすすめの自動車・バイクニュース

★MotoGP2017カタルーニャGP 写真ギャラリー

2017-06-18 71 気になるバイクニュース ★MotoGP2017カタルーニャGP 写真ギャラリー 写真・画像

決勝プレスカンファレンス同様にご紹介が遅くなってしまいましたが、カタルーニャGPの写真ギャラリーをご紹介します。
写真からも路面温度54℃の熱気が伝わってくるようです。
なお、次回のレースは6月25日に、オランダはアッセンにて開催されます。

ラリー MotoGP
続きを見る

竹岡圭が2回目の全日本ラリーに挑戦! 悪戦苦闘の末、クラス4位完走

2017-06-20 63 Lawrence 竹岡圭が2回目の全日本ラリーに挑戦! 悪戦苦闘の末、クラス4位完走 写真・画像

タレント・モータージャーナリストの竹岡圭が、2017年全日本ラリー選手権に2回目の参戦を果たした。
第5 戦 モントレー2017 in 嬬恋にJN5クラスからの出場となり、見事に完走、クラス4位でフィニッシュした。

ラリー
続きを見る

HRCラリー選手が出演!3,570kmノルウェーの旅!予告編#AdventureRoads

2017-06-21 385 動画ライダー HRCラリー選手が出演!3,570kmノルウェーの旅!予告編#AdventureRoads 写真・画像

ホンダプレゼンツ!アフリカツインの冒険ツーリング予告編が公開されました。
旅の総日数は8日間、総時間を97時間、総走行距離を3,570km!荘厳な自然が美しいノルウェーのノールカップで行われました。
動画の前後に案内役としてマルケス選手とダニ選


ラリー
続きを見る

キヤノンギャラリー銀座で米屋こうじ写真展 「Hello Goodbye」が始まる!

2017-06-22 74 Lawrence キヤノンギャラリー銀座で米屋こうじ写真展
「Hello Goodbye」が始まる! 写真・画像

キヤノンギャラリー(銀座・品川)では、この夏にJR発足30周年を迎えたことを記念して「鉄ナツ」として4つの写真展を開催する。「撮り鉄」「乗り鉄」「観る鉄」の方、そうでない方も必見の写真展。
キヤノンギャラリー銀座では米屋こうじさんの写真展「Hello Goodbye」が本日22日(木)より開催になりました。
詳細は以下URL参照。
http://cweb.canon.jp/gallery/s/special/railway2017/

ラリー
続きを見る

キヤノンギャラリーS・品川で猪井貴志写真展「鉄景漁師」開催中!

2017-06-23 77 Lawrence キヤノンギャラリーS・品川で猪井貴志写真展「鉄景漁師」開催中! 写真・画像

月刊カメラマン誌のジャンル別フォト講座で「鉄道」の講師をして頂いている猪井貴司さんの写真展が東京・キヤノンギャラリーS(品川)にて昨日(6月22日)から始まりました。
開催期間は8月8日(火)まで。
キヤノンギャラリー「鉄ナツ」イベントの皮切りとなるイベントです。

ラリー
続きを見る

長谷康平作品展「pictorial "S"」が本日(6月23日)より ソニーイメージングギャラリー銀座で開催!

2017-06-23 97 Lawrence 長谷康平作品展「pictorial

ソニーイメージングギャラリー銀座で長谷康平さんの作品展「pictorial "S"」が本日(6/23)より開催される(7月6日まで)。
詳細は以下URL参照。
https://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/170623/

ラリー
続きを見る

【WRC】 トヨタ:WRC 第8戦 ラリー・ポーランド プレビュー

2017-06-23 46 F1-GATE 【WRC】 トヨタ:WRC 第8戦 ラリー・ポーランド プレビュー 写真・画像

TOYOTA GAZOO Racingは、6月29日(木)から7月2日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリー・ポーランドに、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(#11号車)、エ...

トヨタ WRC ラリー レビュー
続きを見る

トヨタ陣営、WRCポーランドを舞台に高速グラベルラリーへ挑む

2017-06-24 108 MOTOR CARS トヨタ陣営、WRCポーランドを舞台に高速グラベルラリーへ挑む 写真・画像

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男、以下トヨタ)傘下のTOYOTA GAZOO Racingチームは、6月29日(木)から7月2日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリー・ポーランドに挑む。

トヨタ WRC ラリー
続きを見る

良くある質問

#ラリーに関する質問
コルトラリーアートに乗っています。
最近、ミッション付近でアイドリング時にカタカタと異音が鳴っています。
シフトを手前や奥に押し込むと異音は消えるのですが、詳しい方アドバイスお願いします。

回答がこちら
ミッションの上部にあるシフトリンクワイヤーとレバー間にガタツキが発生してませんか? ガタツキが有る場合は、ワイヤーを交換してもらいましょう。


#ラリーに関する質問
テニススクールに行っています。
今、自己評価では中級、上級の間だと思います。
スクールでは上級も行けるようにいわれはします。
実際は中級なら余裕もってできますが上級だとすぐラリー 途切れるなど迷惑かけないようにしか考えられないです。
中級だとこうしてみたらとかたまに不得意なこともチャレンジできますが上級だと得意なことしかできない感じです。
このぐらいでも今上級でもまれたほうが上手くなるでしょうか。
中級でもう少しいろいろ上達したほうがいいでしょうか

回答がこちら
スクールはクラス分けされていますが中級と上級の区別があいまいな場合も多く、又同じ上級でも日にち/時間帯によりレベルが異なる場合も多いためいろんなクラスで試してみて自分に合った場所を見つけた方が良いと思います。
レベルの高い中級や上級でもコントロールや戦術重視な女性が多いクラスがおススメです。


#ラリーに関する質問
テニス初心者です。
レンタルコートで気軽にラリーが出来たらな、というぐらいのレベルなのですが(週に1〜2回 1時間程度)、それでもガットの消耗とか張り替えを常に意識しないと楽しめないもので しょうか?ラケットはヘッドのスリースターを買う予定です。
大会を目指す、とかではなくても定期的にガットの張り替えをしないとお遊びラリーレベルにも影響が出るのでしょうか?

回答がこちら
お遊びでラリーするぐらいなら正直切れるまでそのままでも良いよ。
たぶん違いわからないから。
明らかに打っててやりにくいなぁと感じたら張り替えれば良い。
ある程度やっててももったいないから一年変えてないって人もたまにいるしね。


#ラリーに関する質問
もし仮に日本代表を指導して貰えるとしたら ジャック・ラムジー ジョン・クンドラ パット・ライリー チャック・デイリー ドック・リバース ジョージ・カール ラリー・ブラウン レッド・アワーバック ドン・ネルソン ジェリー・スローン レッド・ホルツマン マイク・ダントーニ レニー・ウィルキンス ビル・フィッチ の誰を選びますか?(全員現役(HC)時代とします) また、これらの優れたHCが居れば日本は世界ランク10位以内に入れると思いますか?(選抜HC着任から10年~15年の間で、とします)

回答がこちら
此の様なNBAで有能なコーチの指導に低いポテンシャルやフィジカルの日本人選手が付いて行けるとお思いですか? 到底無理でしょうね。
現実的に有り得ないタラレバは全く無用です。
貴様こそ、情けないID非公開で投稿せず、堂々と公開してから投稿しろ!!


#ラリーに関する質問
茨城住みの中2です。
テニスについての質問です。
今日自主練をやっていて、自分の手でボールを出して、ストローク練習をしています。
それでラケットにボールが触れる直前にスイングスピードを上げると良いボールが行 きました。
その後何回も打ったのですが、やっぱり良かったです。
これってラケットにボールが触れる直前にスイングスピード上げるとボールは良くなるんですか?もしそうなら、相手をつけてラリーをやるときもこのやり方は使えますか?変な文すいません。
わかる方回答お願いします

回答がこちら
この前も同じ質問してましたよね。
ですからそれが普通だと言ったじゃないですか。
ちなみに一人でやるならそんな無意味な練習ではなく サーブ練習にしましょう。
これもこの前言ったかな。


#ラリーに関する質問
ホットハッチの国産最速は何ですか?出来ればランキング10位くらい知りたいです。
ノートnismoやCOLTラリーアートは速いですか?

回答がこちら
女性アイドルカテですけど大丈夫ですか。


#ラリーに関する質問
ラリークロスが今後日本で年間チャンピオンシップとしてシリーズ化される事はありますか?その場合 クラブマンシリーズやラリーのように下位カテゴリなどができ一般人も趣味で参戦したりできる と思いますか?

回答がこちら
思いません。
OnOff混合のコースというと、バイクではスーパーモタードでミニサーキット中心に全日本がありますが、4輪がレースできる広さじゃありません。
やるとなったら幅員が最低でも10m前後は必要、となると日本ではフルコースサーキットしかありませんが、土砂を舗装部分に引いてしまうためOnコースとして使いにくくなります、コストをかけて毎回清掃すればいいですが、現状そこまで愛好家がいるとも思えず。
ダートラにOn部分をくわえてタイムアタックくらい、で様子を見て、ファンがつけばどこかのコースで小さな草レースが始まれば、という相当楽観的な展開があって、やっとホソボソ、という感じでしょう。


#ラリーに関する質問
ペン粒育成(高校女子)について。
ほぼ初心者(歴1年)を半年で粒高対策もできない(まともな指導者なしの歴3~5年程度)感覚的にはとりあえず止めとけば勝てる的なレベルと対等に戦える程度に持って行きたいです。
なので最低限の技術を徹底的にと思っています。
今私が考えてるのはカット性ブロック、レシーブ、つっつきラリー、そしてこれら技術のコースの打ち訳を徹底的にやってこうと思っています。
ナックル性ブロックや攻撃技術(プッシュ、強打、フリック)などはやらせずにいいかなと思っています。
他にこれだけはまずは覚えさせておいた方がいい技術などあったら教えてください。
あとペン粒初心者にやらせたい練習方など教えてください。
無理とか説教的なのはいらないのでとりあえず練習方や技術的なためになること教えてください。

回答がこちら
質問者さんの言う「ツッツキラリー」に含まれているのかもしれませんが・・・ ツッツキに対するプッシュは教えておくべきでしょう。
というよりも、ツッツキに対しては、ツッツキで切り返すよりも、プッシュで入れた方が、確実に入りやすいですからね。
また、直接、粒の扱いからは離れますが、 ペン粒、シェーク粒で必要となるのは、 「裏で出す切れたサービス」です。
女子の場合、回転が微妙なサービスを出すと、 レシーブでも微妙な回転で返ってきます(笑)。
しかも長さも微妙になるんですよね。
中途半端に浮いたツッツキって、粒高では、かなり扱いづらい。
粒としては、むしろ、しっかりと切って返させる方が、その後の展開が楽になるんです。
長くても構いませんから、しっかりと切れたサービスを出せるように教え、練習させましょう。
こっちは初心者です。
バカの一本槍で十分。
長くて切れたサービス(+ 余裕があれば上のロングサーブ)があれば、それでいい。
やることを狭めた方が、迷わずに戦えますからね。


#ラリーに関する質問
卓球のことについてなのですが… 今中学の授業で卓球をしています!ですが、実は試合に2度ほどしか勝てていません…失点の8割はネットに引っかかったり、オーバーしたりと自滅してしまいます。
普通に返せればラリーが続くと思うのですが、どうすればこれらは直りますか?ちなみにペンホルダーです!!明日試合なので至急お願いします!!

回答がこちら
ラリーが続かない理由は大体フォームの問題です。
あなたのフォームが分からないとなんとも言えないですね。
ネットに引っかかる時とオーバーする時の中間の感覚で打てば入りますよ。
それくらいしかアドバイス出来ないです。


#ラリーに関する質問
ラリーポイントルールについて 試合時間短縮のためにラリーポイントに変更されたそうですが、短縮化されましたか? それから、ラリーポイントは日本に不利になったと聞いたことがあるのですが、そうなんですか?

回答がこちら
ラリーポイント制25点マッチ(第5セットは15点マッチ)になったのは1999年ですが、2001年秋季関東大学男子リーグの10試合を、先答のtatatakatanさんのように調査されたレポートがあります。
その10試合・全39セットのうち、25点マッチの第1~4セット(全37セット、うちデュースは26-24の1つだけ)をサイドアウト制で再カウントすると、リードしている側の得点は、平均9.9±2点でした。
計算上は、サイドアウト制15点マッチと比べ、1セットに要する時間が概ね2/3程度に短縮されているんじゃないかと思われます。
この調査で実測された1セット所要時間は平均17分31秒だったそうですから、セット間インターバルを含めても、3-0の試合なら1時間程度、フルセットで1時間半くらい。
これが以前のサイドアウト制15点マッチだったら、その1.5倍くらいかかっていた訳です。
実感的にも、そんなもんじゃないでしょうか? ちなみに、ラリーポイント制にしても1セット38点マッチだったとしたら、時短にはならなかったでしょう。
逆に、サイドアウト制のままであっても、1セット10点マッチにすれば、あるいは3セットマッチ(2セット先取)にすることでも、時短は可能です。
単純にラリーポイント制にしたことだけで時短になった訳ではありません。
得点進行上での最大の相違点は、サイドアウトが繰り返されて決着がつかなくなるのが、ラリーポイント制だとデュースの時だけなのに対し、サイドアウト制ではどの時点でも得点進行が止まるところです。
サイドアウト制は、試合時間が長いというより、比較的すんなりと決着が付くケースと、もつれるケースとで、変動幅が大きいのです。
つまり、厳密に言うと、サイドアウト制からラリーポイント制に変更された目的は、「時間短縮」というより、「試合時間の安定化」です。
それから サイドアウト制では、得点が加算されるのはブレイク(サーブ権があるときにラリーを取る)した時です。
1セット15点ならブレイクを先に15回取った方がセットを取ります。
ラリーポイント制では、すべてのラリーごとに得点が加算されていきますが、“点差”になるのはブレイク・連続得点のときです。
ブレイクを、必ずしも25回取る必要はありませんが、相手よりも多く取った方がセットを取ります。
「攻撃力がある方に有利な制度」だとか、「守備力に頼りやすい制度」だとか、両者にそんな違いは無いでしょう。
セットを取るために必要なブレイク数は違いますし、得点進行が早い分だけラリーポイント制の方が先行有利のように思えますけれども、結局は「ブレイクを相手より多く取る」という競技特性に変わりはありません。


中古車情報< /h3>