自動車・バイクニュース

ポルシェネタ|「過去に生産されたポルシェの70%が、いまも現役で走っている」という事実

2017-04-19 38 乗り物速報

ポルシェネタ|「過去に生産されたポルシェの70%が、いまも現役で走っている」という事実

「過去に生産されたポルシェの70%が、いまも現役で走っている」と聞いたら、驚く方も多いことだろう。

クラシックカーは特殊な趣味の世界であると認識されがちだが、それはポルシェにはあてはまらない。

新車で購入されたポルシェは、その多くが30年、40年、50年と現役であり続けている。

なぜポルシェは、それほどまでに長く愛されるのか? それには理由

さらに見る(外部サイトへ移動)
ポルシェ

おすすめの自動車・バイクニュース

ポルシェがハイパフォーマンスエンジンを開発中。F1?それとも上位モデルに転用か?

2017-08-14 126 Creative Trend ポルシェがハイパフォーマンスエンジンを開発中。F1?それとも上位モデルに転用か? 写真・画像

Automotor and Sportの記事より、ポルシェは現在、ある種の新しいハイパフォーマンスエンジンの開発に取り組んでいるとの情報を入手。
そのエンジンは、どういった目的で開発が進められているのかは不明なのですが、どうやらポルシェのLMP1プログラムに携わっていたエンジニアによって開発されているエンジンらしく、将来的にはF1またはポルシェのハイパフォーマンスモ

F1 ポルシェ
続きを見る

ポルシェ「マカン」をパクッた中国メーカ・Zotye「SR9」にPHEVが登場。これ本当に大丈夫?

2017-08-15 97 Creative Trend ポルシェ「マカン」をパクッた中国メーカ・Zotye「SR9」にPHEVが登場。これ本当に大丈夫? 写真・画像

さて、以前からかなり話題に上がっていたポルシェ「マカン」のデザインを完全にパクった中国メーカ・Zotye「SR9」に遂にプラグインハイブリッドモデル(PHEV)を今月末開催の成都オートショー2017にて登場予定となっています。
外観は、ガソリンモデルと何らか変化はないものの、燃費性能においてはとにかくずば抜けているとのこと。
Zotyeは、過去これまでにBMW「i3」や

ポルシェ マカン
続きを見る

ポルシェがレースを辞めない理由とは?耐久王がルマンを制したマシンに迫ります

2017-08-15 105 Motorz ポルシェがレースを辞めない理由とは?耐久王がルマンを制したマシンに迫ります 写真・画像

2016年現在、ルマン通算18勝という驚異の戦績を残すポルシェ。
最も多くルマンで勝利を収めたコンストラクターです。
スポーツカー・メーカーである誇りとともに戦い続けてきたポルシェですが、自らの勝利以上にレースの興行そのものに「貢献」をしてきた存在ともいえます。
917・956・911GT1という歴戦のマシンを通じて、ルマンにおけるポルシェの足跡を振り返ってい

ポルシェ
続きを見る

ポルシェで家に帰宅したところを強盗に狙われる! そんな危機をポルシェは脱出できるのか!?

2017-08-17 390 Re:Sound to mind ポルシェで家に帰宅したところを強盗に狙われる! そんな危機をポルシェは脱出できるのか!? 写真・画像

口コミ★★★★☆4.5
車のエンターテイメントサイト!時々、他のネタも(笑)


ポルシェ
続きを見る

ポルシェからついにオプションでカーボンホイールが登場

2017-08-18 395 ferrarilamborghininews ポルシェからついにオプションでカーボンホイールが登場 写真・画像

ケーニグセグやパガーニなど億クラスのハイパーカーにあるオプションで、最近ではフォードGTにもオプションで設定されているカーボンホイールがポルシェ純正でも登場します。
この20インチカーボンホイールを利用出来るのは世界限定500台のポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズからでおそらく911GT2RSなどにもオプションとして設定されるでしょう。
純正の20インチホイールと比べ20%軽く、20%剛性が上がり、100%パフォーマン...


ポルシェ
続きを見る

ポルシェ、自動車搭載用としては世界初のブレイデッドカーボンホイールをリリース

2017-08-18 14 MOTOR CARS ポルシェ、自動車搭載用としては世界初のブレイデッドカーボンホイールをリリース 写真・画像

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、自動車メーカーとして世界で初めてブレイデッドカーボンファイバー製の軽量ホイールの一般提供を開始する。

ポルシェ レイ
続きを見る

ポルシェ「911シリーズ」にカーボンホイールのオプションが登場。価格は約200万円也

2017-08-18 204 Creative Trend ポルシェ「911シリーズ」にカーボンホイールのオプションが登場。価格は約200万円也 写真・画像

ポルシェより、遂にカーボンホイールが純正オプションにて登場。
このカーボンホイールは、新型の「911ターボS・エクスクルーシブシリーズ」にて登場することが確定しており、自社製の編込み式CFRPによって、従来の鍛造ホイールに比べて約20%(約8.5kg)の軽量化に成功し、更には強度も20%向上しています。
ちなみにホイールサイズは、フロントが20インチ×9j、リヤが20


ポルシェ 1シリーズ
続きを見る

8.5Kgも軽くなるポルシェのカーボンホイール

2017-08-18 144 わちょほほほ 8.5Kgも軽くなるポルシェのカーボンホイール 写真・画像

ポルシェ 911ターボSにオプションとして用意されるカーボンホイールの紹介動画です。
世界一の大きさを誇る直径9mのブレイディングマシンに...


ポルシェ
続きを見る

ポルシェ「911カレラS・カブリオレ」がバスにクラッシュ。ドライバ「バスは全く見えなかった」と苦しい言い訳

2017-08-19 11 Creative Trend ポルシェ「911カレラS・カブリオレ」がバスにクラッシュ。ドライバ「バスは全く見えなかった」と苦しい言い訳 写真・画像

ドイツ・ベルリンにて、ポルシェ「911カレラS・カブリオレ」がバスの後部に追突する事故が発生。
目撃者の情報によると、ポルシェのドライバが携帯電話を触りながら(下を向きながら)運転していて、その前方にいたバスが咄嗟に停車するも、ポルシェは全く気付かずにそのまま追突するという"脇見事故"であったとのこと。
しかし、ポルシェのドライバはこの事

ポルシェ ラッシュ カブリオ
続きを見る

2018年モデルのポルシェ・カイエンは8/29発表?まずはV6ターボ、次いでV8とPHEVというウワサ

2017-08-18 79 Life in the FAST LANE 2018年モデルのポルシェ・カイエンは8/29発表?まずはV6ターボ、次いでV8とPHEVというウワサ 写真・画像

まずはV6ターボエンジンモデルが発表され、9月のフランクフルトショーにてV8ターボエンジン搭載モデルも発表される、と言われていますね。
将来的にはプラグインハイブリッド(V6ターボ/V8ターボ+ハイブリッド)も追加され、これはおそらくパナメーラ同様に「モデル中最速バージョン」として君臨することになりそうです。

ポルシェ カイエン ターボ
続きを見る

911乗りは貯金の残高確認OK?ポルシェがカーボン製ホイールの製造をいきなり発表

2017-08-18 79 Life in the FAST LANE 911乗りは貯金の残高確認OK?ポルシェがカーボン製ホイールの製造をいきなり発表 写真・画像

ポルシェが突如「カーボン製ホイール」発表。
ただしこれは「最も速く、最も高価な」911ターボSエクスクルーシブ"専用"で通常の911ターボ/ターボS向けには今のところ提供されない模様(ただしオフセットは同じと思われ、生産キャパシティのため提供を絞っていると思われる。
よってそのうち通常盤911ターボ/911ターボSも選択できるかも)。


ポルシェ
続きを見る

良くある質問

#ポルシェに関する質問
中古のポルシェは年収どれくらいで買うことができますか?将来は一級建築士をとり、大手に就職することです!大雑把な質問で申し訳ないです メリットと、デメリット教えてください

回答がこちら
10年以上前までですが、ボクスターに乗っていました。
ヤフーの中古車情報を見たら、2001年モデルが本体69.9万円、乗出89.9万円というのがありました。
これくらいの自動車ですと、 年収はそんなに高くなくても購入する人はいると思います。
水冷ポルシェは、きちんとメンテされていれば、 そんなに壊れやすい車ではありませんから、中古のポルシェの 年式が古いもので、いい程度のものをキチンと探すことをオススメします。
ポルシェからポルシェに乗り換える人もいるので、 ポルシェの正規ディーラーに、メンテされていればどんなに古くても良いので ボクスターを探していると伝えれば、条件に合うものが出てくるかもしれません。
メリットとデメリットですが、 私が乗っていたのは、1997年式のボクスターでした。
エンジンをミッドシップに搭載し、その当時のモデルでも、 本当に運転が楽しいクルマでした。
メリットは、トランクが前後についていることで、旅行のトランクや、 剣道の防具、小さめのゴルフバッグなど、積んでドライブができる、日常の使い勝手も優れた点がメリットでした。
デメリットは、メンテの費用がそれなりにかかること。
ブレーキもタイヤも、オイルも、消耗品の交換だけでも、かなりの金額です。
オイルは、8リットル前後だったと思います。
タイヤも結構高いので、安価な輸入タイヤの「ナンカンタイヤ」などをつけていた時期もあります。
(公道を常識的な速度で走る分にはナンカンでも十分でした) 97年式など古いモデルになると、幌の窓が樹脂でできていて、オープンにする度に折れ目がついたり、寒い日にオープンにする時に変な曲がり方をして樹脂の窓が割れて裂けてしまったり、というデメリットがありましたが、ガラス窓の年式を選べば問題は解消されています。
(樹脂の窓でも「プレクサス」という樹脂保護用のスプレーと、オープンにする際に途中で止めて水平チョップをすることでリスクはかなり回避出来ましたが、面倒なのでデメリットです) 燃費も人によってはデメリットかもしれません。
乗り方次第ですが、街乗りで8km/リットル、前後でした。
ガソリンはハイオク指定で高かったです。
とはいえ、ポルシェの中では、コスト面では維持しやすい方だと思います。
今はカイエンGTSに乗っていますが、ボクスターの方が、 よりポルシェらしさが色濃く、いろいろなデメリットはあるかもしれないですが、 一度所有しておいて損はない、そんな素敵なクルマだと、 手放して何年も経った今でも、強くそう思います。
結婚して、子どもができたら、 なかなか2シーターは維持出来ませんので、 若いうちに、ぜひ! とにかく、運転が楽しいクルマなので、 一度、ディーラーに試乗に行くと良いと思います。
時速20kmで、はじめの交差点を普通に曲がるだけでも、 すごい快感があります。
クルマ全体が、くるりと、自分を中心に向きを変えてくれるような、 そんな、不思議な快感。
私も安物タイヤを履かせたりと、四苦八苦しながら 維持しましたが、本当に、本当に、ボクスターは素敵なクルマですよ。
一級建築士、大手への就職、そのモチベーションになるといいですね。
また、思い描いた進路でなくても、ボクスターのある人生を進む、 というのも、素敵なことだと思います。
長文になってしまいましたが。
オススメです。
ちなみに、画像は、私が昔乗っていたボクスターです。


#ポルシェに関する質問
ポルシェ ケイマン918 のリセールについて 中古 ポルシェケイマン981ノーマル 年式2014 白 走行2万キロ 右ハンドル PDK オプションPASM スポーツテールパイプ を600万で買ったとして3年後走行3.5万キロで売却したらいくらくらいで売れると思いますか? 皆さんのだいたいの予想が知りたいです。

回答がこちら
ざっくり半値+α しかし最近ケイマンの中古価格上がったね。
私が987の2.7MT3年落ち2.2万キロ買ったときは 総額450万円だった。
5年乗って4万キロ210万円で売れました。


#ポルシェに関する質問
ポルシェ純正アロイホイルで14インチ5.5jってありますか?

回答がこちら
なかなか出回ってないので、入手は困難ですが 14×5.5Jといったサイズは存在します。


#ポルシェに関する質問
1962年のポルシェ356を買いました。
フロントのウインカーが白、リアのウインカーが赤いですが車検通るのでしょうか?アメリカ中古平行で初度登録は昭和63年です。

回答がこちら
過去に車検が通っているのでしたら大丈夫でしょう もし安全面で気になるなら、前後とも欧州仕様のオレンジが入ったものに変えるのも一つの手段です 356でしたらリプロやレプリカ部品などもいっぱいあります


#ポルシェに関する質問
MT-09トレーサーとポルシェ911 どちらが速いですか?

回答がこちら
加速はMT-09で最高速は911です。


#ポルシェに関する質問
ポルシェのフラグシップはなんですか? 911なのかパナメーラなのかどちらでしょうか?

回答がこちら
ポルシェは小型スポーツのカテゴリーを貫く特殊なメーカーです。
メーカー史的に昨日今日ラインナップされたパナメーラが フラグシップにはなりえません。
リセールの際の値落ち具合にもはっきりと表れてます。


#ポルシェに関する質問
ポルシェはどうしてフラット8を作らなかったのですか? RRと同じ理由でしょうか?

回答がこちら
仮にフラット8を作ったとして、それをどこに搭載するかです。
フロントは無理です。
横幅の広い水平対向エンジンを搭載すればフロントサスペンションが無茶苦茶な設計になってしまいます。
ポルシェの水平対向エンジンは、かなり凝った構造なのでスバルのものより、幅広です) また、リアにも無理です。
後ろが重たくなりすぎです。
唯一の可能性はミッドシップです。
しかし、V8の方が水平対向エンジンと同等に低重心であり、かつ高性能です。
あと、自動車用の水平対向エンジンはクランクアームの強度を高く取れないために構造的に高出力に向きません。
かつてのスバルやポルシェの水平対向エンジンも、だから、実は180度のv12です。


#ポルシェに関する質問
ゴルフのブレーキダストはなぜリアの方が多いのか? VW/ゴルフ5GTIに乗っていて、ずっと気になっていることがあります。
ゴルフってブレーキダストが国産に比べたら多いですよね? それはいいのですが、どうも、フロントよりもリアの方がボディにたくさんのブレーキダストが付着しているのですね。
もちろんゴルフはFFですから、前が重いし(たぶん)、ブレーキ時にはフロント荷重になるので、前の方がブレーキパッドの減りが多くなるはず…。
なのに、ブレーキダストは後ろの方が多い。
謎です。
ちなみに、ポルシェ (RR)、BMW(FR)とゴルフを所有している友人に尋ねると、ポルシェもBMWもブレーキダストは前が多く、ゴルフは後ろが多いそうです。
ハッチバックだから後ろが重いのか?とも考えましたら、トゥーラン乗りに聞くと、前の方が多いそうです。
どなたか、理由をご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

回答がこちら
同じゴルフ5GTIに乗っています。
前後とも社外のパットに変えていますがやはりリヤのダストが多めですね。
この車はドライバーのブレーキング以外にもリアブレーキを使って ロールの制御を行っているためリアのダストが多いのかと思います。
個人的にはリアの巻き込む動きが欲しいので ダスト量よりロール制御の介入をなくしたいですね。


#ポルシェに関する質問
ポルシェ911GT3のRS、それも2015年のジュネーブモーターショーでデビューし、2015年の3月から日本でも受注が始まったモデルについての質問です。
※一応記載しておくと全車PDKのみの設定で後輪 駆動、自然吸気のモデルですね。
1、この年式のモデルを識別するのには何と呼べばいいのでしょうか? 前期型? 2015年モデル? 2、このモデルの後継機は今年2017年に出るとか言われているものがそうでしょうか? つまりこの質問2の意図は、現在のモデルは2015年からいつ頃までのものを指すのかを知りたいのです。
3、このモデルの白のカラーリングの正式名称はキャララホワイトメタリックでいいのでしょうか? 4、PDKというシステムがいまいちよく解りません。
ツインクラッチらしいのですが、ステアリングのどこをどう操作したらシフトチェンジ出来るのでしょうか? またセンターコンソールにAT車のようなシフトレバーがあるのですが、それとの兼ね合いはどうなっているのでしょう? 5、ドアの開閉はストラップと聞きましたが、あのオレンジ色のヒモを引っ張る事でドアの開け閉めを行うのでしょうか? ちなみに窓はパワーウィンドウで開けられるのでしょうか? 項目が多くて申し訳ありませんがご存じの方、宜しくお願いします。

回答がこちら
コードネームは991型で、その前期型と一般的には呼ばれます。
ポルシェは毎年小変更が加わりますので、●●年モデルというのはモデルイヤーという細かな仕様の違いをいう場合に使われます。
このモデルの後継モデルは991型の後期型で、3月のジュネーブショーで発表になっています。
今月から予約開始になったばかりで、最初の納車は数ヶ月後になると思いますが、それまでの3.8リッターのエンジンを搭載したモデルまでが前期型になるでしょう。
あなたがご覧になったGT3がどれなのか分からないので色は答えようがないですが、キャララホワイトはメタリックではありません。
PDKは一般的なAT車と全く同じで、センターコンソールにあるATセレクターでも操作出来ますし、コラムにあるいわゆるパドルというものでも操作出来ます。
開閉の時にストラップを使用するのではなく、ドアを開けるときにストラップを引きますが、閉めるときに引いてしまうと閉まりません。
閉めるときは他のモデルと同じようにドアハンドルを引きます。
ドアウィンドウはパワーウィンドウですのでスイッチ操作です。


#ポルシェに関する質問
フォルクスワーゲンのビートルについての質問です。
1番かっこいいビートルはどれですか? 私はポルシェ356Aに憧れがありましてそれに似たものであればより嬉しいです。
そして、その車の新車価格と中古価格を教えていただきたいです よろしくお願いいたします

回答がこちら
インターメカニカのくるまは、だめですか? http://www.intermeccanica.co.jp/im_index.html


スポンサードリンク

中古車情報