2016年の新型グレイスの値引き方法について情報をまとめました。 2016年の新型グレイスはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。 その方法についてご紹介します。 1.5L直列4気筒エンジンのガソリン車と、+モーターのハイブリッド車を備えるグレイスですが、うれしいのは4WDとFFをすべてのグレードで用意していることでしょう。 4WDは燃費が悪いから…と完全にカタログ落ちする車が少なくありません。 積雪地帯でもなければ不要と考える方が少なくありませんが、NSXも4WDであることを考えると、グレイスも実は「走りが楽しいのかも…」と考えて選ぶのもいいかもしれませんね。 ハイブリッドEXなら、20万円から30万円は狙いたい 引用:http://driver.pk/wp-content/uploads/2016/07/Honda-city-2017.jpg ■マイナーチェンジの時期が大事。例えば、2014年12月にデビューしたグレイスは、2015年9月にマイナーチェンジ。 そして、2016年はスタイルエディションがEXとLXで発売されていますが、もともと標準装備が充実しているグレイスですから、EXやLXのノーマル仕様を狙ってみましょう。 EXは20万から30万はどうしても狙っていきたい。 そのためには、売れているヴェゼルやフリードを頭に入れておく。 例えばハイブリッドならヴェゼルXで242万円(FF)。 どのくらい引いてくれるのかがポイントですね。 引用:http://i.autoportal.com/media/news/6658/main/c1b250d472d30827702753295d6e8ea2/thumbnail_cropped.jpg 仮に、20万引いて222万円、きれいにそろえて220万円の場合、22万円引き。 ここで、グレイスを持ち出してみる。ハイブリッドEXなら222万円。 ヴェゼルで22万円引いてくれるなら、グレイスなら…と営業マンを誘ってみたい。 22万円引けば200万円ジャスト。ここから粘ってみたい! ホンダ・フリードが欲しいが…試乗してグレイスに気が変わった、というのもアリ 引用:http://www.honda.com.pk/images/city-cat/top-slider-1.png

#グレイス #レイス #レイ

2016-11-21 00:00 閲覧数: 167
AUTO MOVE WEBのニュースまとめ
詳しく記事を読む