セバスチャン・オジェとは?

セバスチャン・オジェとは

セバスチャン・オジェ

セバスチャン・オジェ(Sébastien Ogier、1983年12月17日 - )は、フランスオート=アルプ県ギャップ出身のラリードライバー。2013~2018年の世界ラリー選手権 (WRC) ドライバーズチャンピオン。

2007年にフランス国内で行われたプジョー・206カップを制して頭角を表す。

2008年には世界ラリー選手権(WRC)の下部カテゴリーであるジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に参戦し、シリーズチャンピオンを獲得。この年からシトロエンの監督に就任したオリビエ・ケスネルに見出され、WRC最終戦グレートブリテンでC4 WRCをドライブ。オープニングステージでいきなりベストタイムをマークし、そのままSS5までラリーをリード。その後はトラブルに見舞われ26位に終わったが、世界に衝撃を与えたデビュー戦となった。

2009年にシトロエンのジュニアチームに昇格してWRCに本格参戦する。2010年のポルトガルで初優勝を記録し、同年のフィンランドではダニ・ソルドと入れ替わる形で初めてシトロエンのワークス・チームに昇格した。以後もグラベルイベントに限りソルドの代わりにワークスエントリーする形となり、初参戦のラリージャパンでも優勝した。
2011年はソルドがシトロエンから離脱したこともあり、正式にワークス・チームから全戦に出場することになり、シーズン5勝を挙げ完全にWRCのトップドライバーとして認識される。第5戦ヨルダンでは、最終SSとなるパワーステージまでヤリ=マティ・ラトバラとの優勝争いがもつれ込み0.2秒差で逆転優勝した。この2人のタイム差はWRC史上最も僅差での名勝負となった。しかしシトロエンチームではセバスチャン・ローブが絶対的なNo.1ドライバーとして君臨していることから、No.1としての待遇を求めて移籍を決断。2013年より本格参戦を予定しているフォルクスワーゲンに加入し、フォルクスワーゲン・ポロ R WRCの開発を担うことになった。同年12月にはレース・オブ・チャンピオンズに初出場。フォルクスワーゲンに加入して初めてファンの前に姿を現すイベントとなったが、いきなり個人総合優勝を獲得した。
2012年はポロの開発ドライバーを務めつつ、シュコダ・ファビアS2000でWRCに12戦に出場。WRカーに比べパワーの劣るS2000ながら、サルディニアではステージベストを叩き出し周囲を驚かした。ドライバーズランキングは10位に入った。

2013年より、フォルクスワーゲン ポロR WRCの参戦に合わせ、ワークスドライバーとして復帰。初戦モンテカルロはローブに次ぐ2位となるが、2戦目のスウェーデンにてポロR WRCの初勝利を飾る。その後も昨年までのローブを彷彿させる走りをみせ、シリーズ13戦中9勝で初のドライバーズチャンピオンを獲得。9連覇の記録を残してWRCを引退したローブの後継者争いで先頭に立った。

2014年も引き続きフォルクスワーゲンから参戦。この年はチームメイトのヤリ=マティ・ラトバラとの激しいチャンピオン争いを繰り広げ、一時はタイトル防衛が危ぶまれるも、シーズン8勝を挙げドライバーズチャンピオン連覇を果たした。

2015年もフォルクスワーゲンから参戦。新出走順規定に苦戦するものの8勝を挙げドライバーズチャンピオンを獲得した。オーストラリアではマーカス・グロンホルムを抜いて単独2位となるWRC通算31勝目を記録した(1位はローブの78勝)。

2016年やはり出走順規定に苦しめられ、モチベーションの低下を見せることもあったが、やはり安定した走りを見せて6勝を挙げ、トミ・マキネン、ローブ以来、3人目となるドライバーズチャンピオン4連覇に輝いた。この年限りで撤退を決めたフォルクスワーゲンでは、在籍した4年間の個人勝率6割(51戦31勝)という素晴らしい成績を残した。

2017年は、このシーズンから復帰するトヨタのテストにも参加したが、最終的にノンワークスのMスポーツへの移籍を決断した。開幕1カ月前にチームが決まり、ほぼぶっつけ本番で臨んだモンテカルロで優勝し、Mスポーツに5年ぶりの勝利をもたらした。シーズンを通してはライバルやチームメイトの活躍で優勝は2度に留まったものの、表彰台9回という安定感のある王者の走りで最終戦を前に5度目のチャンピオンを決めた。また同時にプライベーター体制のMスポーツとしては初のタイトル獲得も決まっている。なおシーズン中「フォードがワークス復帰しないならMスポーツを離脱するか引退する」と発言してきたが、11月末に残留を発表。その後にフォードがWRC復帰を発表した。

2018年開幕戦モンテカルロでは優勝を飾り、トミ・マキネンの記録を破る前人未到の5連覇を達成した。しかし次戦ラリー・スウェーデンでは例年以上に雪が多く、前戦優勝のオジェは最終SS時点で10番手であった。そこでパワーステージではチームの指示もあり、わざと出走を遅らせ、WRC2車両の後からステージを走って2位で4ptsを獲得。ペナルティは受けたものの、規定により総合タイムへの加算で済んだ。しかしこの戦略は大勢のファンからの非難を浴びた。
その後の第3戦メキシコ、第4戦コルシカと連勝し順調に見えたが、タイトル争い最大のライバルヒュンダイのティエリー・ヌービルとトヨタのオット・タナクの快進撃により一時ランキング3位にまで後退した。しかし前半の取りこぼしの多いタナクと安定感の無いヌービルとの差は僅差であり、第11戦ウェールズ・ラリーGBで前半戦コルシカ以来の勝利を挙げると、続く第12戦でも2位表彰台に立ちヌービルを逆転。わずか3ポイント差のランキング首位に立つ。そして最終第13戦オーストラリアではヌービルとタナクが最終日に揃ってリタイアとなり、最終SS直前にオジェがチャンピオン6連覇を決めた。

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 セバスチャン・オジェ」の最新情報が見れます。


セバスチャン・オジェの新着ニュースまとめ

「セバスチャン・オジェ」に関するニュースまとめ。記事から最新の情報がたくさんわかります。

セバスチャン・オジェに関するよくある質問

ユーザーが疑問に感じている「 セバスチャン・オジェ」に関する質問集です。

セバスチャン・オジェの知りたいことや、みんなが疑問に思っている セバスチャン・オジェに対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので セバスチャン・オジェへの疑問が解消されます

セバスチャン・オジェに関する質問
ちょっと気になる事がありまして……セバスチャン ブエミ、ローブ、ブルデー、オジェ、ベッテルの中で皆さんが注目されているのはどの選手でしょうか? そして、このカテゴリは殆どの方がF1派の様ですのでもう一つ。
F1派の方々から見て、ローブはどの様な印象があるでしょうか? 「誰それ?」が大半かも知れませんが……。
でも最終戦に出場したいと交渉中らしいですよ。

セバスチャン・オジェ に関する質問
セバスチャン・オジェに関する回答
この中ならば段トツ ベッテルでしょう 第二のシューマッハと言われてる位だし まだ22歳なのにワールドチャンピオン争いしてるし 凄い逸材ですよ ブルデーはファンの皆様には 失礼な言い方ですが やっぱF1よりは ツーリングカーとかのが実力発揮出来ると思います ブエミはルーキーながら健闘してると思います 私が思うローブはWRCのスーパースターてイメージありますね F1仮に参戦なったら凄い盛り上がるかも
セバスチャン・オジェに関する質問
WRCでローブの連続チャンピオンを止めるのはフォード勢ではなくセバスチャン・オジェでしょうか。
来年あたりいけそうじゃないですかね。
ニュージーランドで確実に勝っていれば今年も狙えたかも。

セバスチャン・オジェ に関する質問
セバスチャン・オジェに関する回答
どうでしょうねぇ……。
止めるとしたら今年中で無ければいけません。
2011年は以下の理由から難しいかなぁ……と。
・DS3 WRC(1600ccターボ)がフィエスタWRC(同)とどう勝負出来るか分からない。
現時点でどちらが優位に開発しているか分かりません。
・セブコンビになっている確率が非常に高い→チームオーダーでローブ先行の可能性がかなり高い。
実際、今はスランプに陥っているダニエル・ソルドですが、絶好調な時はチームオーダーが無ければ優勝!と言うイベントもあったりしました。
・ヤニ・マティ・ラトバラがもうちょっと冷静なドライブを心掛けたら……さてどうなるかなぁ……。
・ペター・ソルベルグも絶好調と言えば絶好調です。
・が、何と言ってもローブに総合力で勝てるか分からない。
特に一番最後が重要ですね。
セバスチャン・オジェに関する質問
WRCの今年のチャンピオンはセバスチャン・オジェですかね?ついにローブから世代交代っていう。
それからヒルボネンの調子はどうなんでしょうか?
セバスチャン・オジェ に関する質問
セバスチャン・オジェに関する回答
ヨルダン終了時点ではセバスチャン・ローブが首位に居ます。
が、どうでしょうねぇ。
アブ・ダビ・フォードのヤニ・マティ・ラトバラも居ますし、勿論ミッコ・ヒルボネンも居ます。
セバスチャン・オジェは対フォード勢の場合は特に乱れる事無く速いのですが、対ローブとなるとまだプレッシャーのようですので、これの対処が今後出来るかどうかですね。
ミッコですが、スウェーデンで優勝、メキシコで2位とある程度の安定さは取り戻していますが、先頭走者になると、シトロエン勢よりも遅くなると言うジレンマがあります……。
セバスチャン・オジェに関する質問
現在のWRCについて 昨今のWRCを観戦していて思うのですが、いかにシトロエンのチームオーダーが勝負の面白さをスポイルしているか!なのです。
過去にチームオーダーの影で泣き泣き優勝のチャンスを逃したドライバーは数知れず(ダニエル・ソルド、セバスチャン・オジェ、今年からミッコ・ヒルボネンなど)。
確かにシトロエンがマニュファクチャラータイトルを取るためには必要なのでしょうが、純粋なスポーツとして楽しみたいファンにとっては一番面白いところをスポイルされているわけで、非常に腹立たしい重いです。
去年までの翌日のスタート順を巡るのろのろとかは無くなった物の、未だに一番面白い部分はスポイルされたままです。
まぁ来年からセバスチャン・オジェを擁してフル参戦するVWの勢い次第では、それどころでは無くなるのかも知れませんが!?
セバスチャン・オジェ に関する質問
セバスチャン・オジェに関する回答
まあ、単純にローブ強すぎですよね。
今シーズンはオジエもフル参戦じゃないし、ソルベルグやラトバラはたとえローブより速くても最後まで無事にゴールしないし、ヒルボネンはNo.2だし、ここ数年はローブ敵なしの環境が続いてますからローブが引退しなければ今の状態は打開されないでしょうね。
正直、おいらも今のローブばかり優勝する現状は納得できません。
それに近年ローブが強すぎるから上位のドライバーが焦ってミスしてリタイアして結局ローブ独走のつまらないレース展開になるんですよね。
そこも納得できません。
来年以降、参戦メーカーが増えるし、ローブの賞味期限も今年、もしくは来年までなのでWRCもこれから面白くなっていくことを期待します。
まとまりのない文書ですいません。
では
セバスチャン・オジェに関する質問
今年のWRCについて 今年は絶対王者セバスチャン・ローブがスポット参戦することとなったため、混戦模様ですね。
シトロエンは古巣に戻ったダニエル・ソルドを加えた体勢ですし、今年から本格参戦するVWは、セバスチャン・オジェが虎視眈々とチャンピオンを狙っていますし。
個人的にはソルドのドライビングがすきなのですが、オジェのパワフルな走りも捨てがたいですね。
そこで皆さんに質問いたします。
貴方の応援するドライバー及び優勝予想(早すぎますかね)などお聞かせ下さい。

セバスチャン・オジェ に関する質問
セバスチャン・オジェに関する回答
オストベルグに注目します ターマックはスポットでもローブ圧勝でしょう 1年目から活躍できるほど甘くないと思いますがVWの走りも期待ですね
セバスチャン・オジェに関する質問
セバスチャン・ローブ引退について。
少し古い話題になりますが、WRC9連覇のローブが引退しました。
来年はサーキットレースに活動の場を移す事も発表されています。
ローブは9連覇について「確かに嬉しいが、只の実績でしかないんだ」と答えました。
世界で最も偉大なドライバーの一人であるローブは、その自身の記録を冷静に見ていました。
これは、ローブがタイトルを取る前に精神的に成熟していた証であり、だからこそ達成できた記録だと感嘆しました。
皆さんはローブに対して、どんな感想があるでしょうか?思い出に残るラリーがありましたら回答お願いします。
また、ローブはフランス自動車連盟に見いだされ開花しましたが、ラリーを始めたのは22歳。
車の免許すら21歳で取得したと聞きます。
現王者のオジェもラリーデビューは23歳と遅く、逆に16歳からラリーが出来るイギリスからは選手が育っていません。
私は、プロドライバーに一番大事なのは「競技を通じて一定の安定感を以って行える体力、精神力、そして才能」だと考えます。
確かに資金力は否めないですが、才能が無いドライバーに数億かける程バカらしい事はありません。
いくら金を出しても買えない「センス」は、今のモータースポーツ界が盲点にしてしまっている所だと思います(さほど資金を要しない、サッカー含めた他のスポーツの方が、その辺は整理されています)。
最近は、幼少カートから高校でフォーミュラー、二十歳でF1(莫大な資金持ち込みなら25歳でも可ですが。
)。
ラリーでも10代でWRカーor金持ちの持ち込みのみ(メーカー撤退、注目度の低下によるスポンサー不足)で世界選手権と言われても・・・という感じです。
歌と同じで、凄いのは雑草から出て来る。
この辺も希望論などあれば回答お願いします。

セバスチャン・オジェ に関する質問
セバスチャン・オジェに関する回答
ラリーとレースではステップアップシステムが根本的に違っていると思います。
ヨーロッパでのラリーは、地域の選手権でもWRCに近いレベルのマシンが走っていたり、入門者向けワンメイクカテゴリーからでも、そのメーカーの支援でERCへステップアップして実力を証明する機会が与えられます。
そこからWRCへのチャンスが開けます。
これはやっぱり市販車で戦うカテゴリーの方が門戸は広いと思いますね。
<追記> セバスチャン・ローブの時代は、そのままWRCを闘うスタイルが変化した時代でもあると思います。
一頃は北欧系のドライバーが主流でしたが、彼らに共通するドライビングのスタイルは高速グラベルでドリフトアングルを取って自在にラインをコントロールする走りでした。
一方ローブやオジェに代表される南欧系の走りはターマックを走る時と同様にピンポイントでラインをトレースするスタイルで、ロスの少ない走りという印象です。
ターマックの比率が増え、さらにペースノートの出来栄えが結果を左右する時代になって、ドライバーのアドリブを発揮できる余地が少なくなってきて、南欧系の精緻な走りがより有利になり、その象徴でもあるローブと、シトロエンの絶頂期が同期しての、9連覇だと思います。
ラリーは不確定要素も多い競技だけに、正直この記録はF1のミハエル・シューマッハも足元にも及ばないすごいものだと思います。

GoAuto公式Twitter

安心と信頼のフォロワー8万人以上!
毎日車・バイク動画を投稿!
月間1000万のアクセス数!
車、バイク好きが集まる!
広告Tweet一切なし!

最新のレース情報や車・バイク好きの感性が上がる動画を毎日配信中です。ぜひフォローして応援してください。

新車情報、モータースポーツ、イベント情報など車・バイクで知りたいことがあれば、こちらから検索してみてください。