大谷翔平「勝負どころの見極めは大事」窮地で最速160キロ 3年ぶり100球超の力投

 「エンゼルス3ー9ジャイアンツ」(23日、アナハイム) エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・投手」で今季8度目の投打同時出場。投手では6回、今季最多の105球、6安打1失点、9奪三振、2四球の力投を見せたが、打線の援護なく、4勝目はならなかった。最速160キロ、防御率2.58。打者では3打数無安打2三振。2戦連続ノーヒットで打率は・265。チームは延長十三回の末に敗れ、3連敗を喫した。 前日のナイター終了時から16時間後にプレーボールを迎えたデーゲーム。メジャー4年目で初めて2登板連続で中5日のマウンドに立った大谷は四回まで毎回走者を背負いながらも無失点。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-06-24 11:20 82 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース