阪神・ロハス、2軍戦でV打!高橋礼撃ち!1軍再昇格へ魂のヘッスラ二盗見せた

 「ウエスタン、ソフトバンク2-7阪神」(23日、タマホームスタジアム筑後) 執念、気迫をぶつけた。同点の七回1死三塁。阪神・ロハスが高橋礼のシンカーを捉えた。鋭い打球が右前へ飛び、勝ち越しの適時打をマーク。だが、見せ場はこれだけではない。2死から陽川の打席でスタートを切った。巨体を揺らして、ヘッドスライディング。二盗に成功し、助っ人大砲らしからぬ果敢な姿勢でアピールした。 第1、第2打席には千賀から2四球を選んだ。故障でファーム調整中とはいえ日本球界を代表するエース級の球をじっくり見極め、「非常に我慢することも覚えてきた」と平田2軍監督。「盗塁、タイムリーといい四球2つ選ぶっていうところがさ。だいぶもう状態はいい」と目を細める。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-06-24 08:00 119 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース