ツインズ・バクストン 死球による左手骨折で再びIL入り

バイロン・バクストン(ツインズ)は延長12回の熱戦の末、7対5でサヨナラ勝ちを収めた日本時間6月22日のレッズ戦で4回裏に死球を受け、6回表の守備から途中交代。チームは深刻な故障でないことを願っていたが、X線検査の結果、左手の骨折が判明した。これによりバクストンは再び故障者リストに登録され、少なくとも数週間は戦列を離れることに。今季ブレイクした正中堅手が死球で離脱することになり、ロッコ・バルデリ監督は「これはフェアじゃないよ」と悔しさをにじませた。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-06-23 09:00 65 MLB.jp 同ジャンルのニュース