体操・白井健三が現役引退「選手としての未練は1つもない」リオ五輪団体金、指導者へ

 体操男子の16年リオデジャネイロ五輪団体金メダルメンバーで、種目別ゆかで3度世界王者に輝いた白井健三(24)=日体大教員=が16日、横浜市の日体大健志台キャンパスで記者会見を行い、現役引退を表明した上で「選手としての未練は1つもない状態で今日を迎えられた」などの思いを語った。リオ五輪で日本男子史上最年少金メダルを獲得した“ひねり王子”が、団体メンバー5人の中で最も早く競技を退く決断を下した。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-06-16 15:18 101 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース