ロシアの妖精が大好きな日本文学をレビュー

現役時代グランドスラム5勝を達成し、現在事業家としても活躍する元テニス選手のマリア・シャラポワ(ロシア)が書評を寄稿した。シャラポワが選んだ本は、日本では1939年に刊行された谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」。経済誌Forbesのサイトで公開されているレビューを紹介する。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-06-15 07:07 141 THE TENNIS DAILY 同ジャンルのニュース