ソフトバンク、緊急事態宣言中の主催全試合の無観客開催を発表「人流抑制のため」

ソフトバンクは18日、緊急事態宣言下中の本拠地PayPayドームでの主催試合を無観客開催にすると発表した。期間は5月19日から31日まで。緊急事態宣言が延長されれば、解除されるまで無観客開催を続ける。17日に孫正義オーナーが自身のツイッターで「福岡PayPayドームでのホークスの試合は緊急事態宣言解除の日まで自主的に無観客とすることを検討したいと思います」と方針を示していた。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-18 11:46 112 Full-Count 同ジャンルのニュース