【K-1】島野浩太朗”不器用ですが”「天才肌の相手に勝つ」佐野天馬「技術と100%以上の気持ちで挑む」

 5月30日(日)横浜武道館で開催される『K-1WORLDGP2021JAPAN~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~』のK-1スーパー・フェザー級ワンマッチで対戦する島野浩太朗(28=菅原道場)と佐野天馬(23=K-1GYMSAGAMI-ONOKREST)のインタビューが公開された。 島野は元Krushスーパー・フェザー級王者で現MA日本キックの同級日本王者だ。激闘派ファイターとして知られ、17年のK-1では皇治に判定負けしたがバチバチの打ち合いを演じた。昨年12月のK-1両国大会では芦澤竜誠と対戦し、壮絶な打ち合いの末に敗れたが、2021年3月28日「K'FESTA.4Day.2」日本武道館大会では三輪裕樹に勝利。5月30日のK-1横浜武道館大会への参戦が決まり、若き実力者・佐野天馬を迎え撃つ。島野は佐野が前戦で判定負けした山本直樹に18年にKO勝ちしており、もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-17 21:43 132 イーファイト 同ジャンルのニュース