これも運命? 佐々木朗&奥川、同日勝利ならず ともに白星権利も救援陣が誤算

プロ2年目を迎えた同学年の“2大スター”が16日、ともに先発して勝ち投手の権利を得ながらも同日勝利を逃した。プロ初登板初先発となったロッテ・佐々木朗希投手が西武戦(ZOZOマリン)で5回6安打4失点の粘投。ヤクルトの奥川恭伸投手も中日戦(バンテリンドーム)で6回7安打1失点だったが、ともに救援陣が追いつかれ、2019年のドラフトを沸かせたドラフト1位右腕の“白星共演”とはならなかった。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-16 17:46 107 Full-Count 同ジャンルのニュース