デアリングタクトが正式に宝塚記念断念 杉山晴師「時間はかかると思う」

 香港G1・クイーンエリザベス2世C後に右前肢繋靱帯炎を発症したデアリングタクト(牝4歳、栗東・杉山晴)が15日、宝塚記念(6月27日・阪神)への参戦を正式に断念することになった。杉山晴師は「(患部は)僕も初めてで、あまり例のない場所。詳しく検査してですが、時間はかかると思います。宝塚記念は無理ですね」と説明した。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-16 06:00 92 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース