G大阪社長が監督交代を説明「状況が改善することは厳しいと判断」ACLまでに新監督を

 J1G大阪の小野忠史社長(59)が14日午後、オンライン取材に応じ、宮本恒靖前監督(44)との契約を解除し、松波正信強化アカデミー部長(46)が当面の監督を兼務することについて説明した。 クラブはこの日午前に監督交代を発表。小野社長は「現時点リーグ戦10試合を消化して1勝止まり。なかなかチーム状況が改善することは厳しいと判断し、今回の結論と至りました。本日より松波監督が指揮を執り、ディフェンス面での強みを生かし、攻撃面で改善を期待しています。新たなガンバ大阪をお見せできるよう全員で戦って参りたい」と述べた。宮本前監督には事実上の解任を前日夕方に小野社長が通告したという。 後任を当面は松波監督が務める。「彼は宮本監督と一緒に強化部長として常にチームに帯同しており、突然の交代ということもあり、なかなか外部からということも難しく、一番チーム状況が分かっている松波が適任だと今回彼に任せた」とそのもっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-14 17:05 140 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース