育成年代にとっての「最良の食事」とは? Jユースと高体連、それぞれ取り組む新たな境地

初めて日本がFIFAワールドカップに出場した1998年のフランス大会。当時、日本代表のメンバーに海外組はいなかった。しかし、現在は多くの選手がヨーロッパのトップリーグでプレーしている。大きく発展を遂げてきた日本サッカー界。その変化を語る上で忘れてはならないのが育成年代の充実だろう。もちろんサッカーに対する考え方や環境が大きく変わったのは間違いない。しかし、それだけが発展した理由ではない。“育成年代の食事”に対する意識が大きく変わったことを忘れてはならない。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-14 16:30 86 REAL SPORTS 同ジャンルのニュース