クロノジェネシスはルメールとのコンビで宝塚記念へ 主戦・北村友が負傷のため

 昨年の宝塚記念と有馬記念を制覇したクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇)が、グランプリ3連勝が懸かる宝塚記念(6月27日・阪神)にルメールとの新コンビで臨むことが14日、所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。デビューから14戦の全てで手綱を取っていた北村友が、5月2日の落馬負傷により休養中のため。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-14 10:45 119 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース