メッツ・デグロム MRI検査異常なしも故障者リスト入り

メッツの絶対的エース、ジェイコブ・デグロムは「身体の右側の違和感」を訴えて日本時間5月10日のダイヤモンドバックス戦を5イニングで降板。前回の登板予定を右広背筋の張りで回避していただけに、深刻な故障であることが心配されたが、MRI検査の結果、構造上のダメージは見つからなかった。しかし、メッツはデグロムを10日間の故障者リストに登録することを決定。これによりローテーションを1周飛ばすことが確定し、戦列復帰は最短で同22日のマーリンズ戦となる。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-11 13:30 140 MLB.jp 同ジャンルのニュース