中止署名の宇都宮健児氏、五輪開催条件は「東京なら100人以下ぐらいが必須」

 元日弁連会長の宇都宮健児氏が11日、日本テレビ系「スッキリ」の取材に応じ、東京五輪・パラリンピック開催の中止を求める署名を行っていることについて、現状のままでは「助けられる命が助けられなくなる」と指摘。開催条件として、都内であれば感染者が「100人以下ぐらいが必須条件」と語った。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-11 09:24 93 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース