「五輪中止」響いた国立…受け止め走った新谷仁美「アスリートは国民の理解と応援で成り立つ」

 「陸上・READY STEADY TOKYO」(9日、国立競技場) 東京五輪のテスト大会が無観客で開催された一方で、東京五輪・パラリンピック開催に反対する市民団体によるデモが国立競技場周辺で行われた。約100人の参加者は「人殺しのオリンピックは即刻やめろ!オリンピックより命が大事だ」などと、新型コロナウイルスが感染拡大していることなども踏まえて大会中止を訴えた。 シュプレヒコールは音楽や声援のBGMが流れる競技場内にもかすかに届いた。女子5000メートルで5位に終わった新谷仁美(積水化学)は「彼らも国民。私たちアスリートは国民の理解と応援、サポートがあって成り立つ職業だと思う。無視して競技するだけなら、それはアスリートではない。応援してくれる方だけと向き合うのでは、胸を張って日本代表とはいえない」と、不安や批判を真正面から受け止めた。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-09 21:59 57 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース