Wソックス・ラルーサ監督 プーホルス獲得の可能性を否定

現在ホワイトソックスの監督を務めるトニー・ラルーサは1996年から2011年まで16シーズンにわたってカージナルスの監督を務め、アルバート・プーホルスの歴史的な11年間(2001~11年)を間近で目撃した。そのプーホルスがエンゼルスからDFAとなり、退団が決定的となっているため、ラルーサが監督を務めるホワイトソックスが獲得に動く可能性が取り沙汰されているものの、ラルーサは「残念ながらウチのチームにはフィットしない」とその可能性を明確に否定している。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-08 12:00 141 MLB.jp 同ジャンルのニュース