阪神ドラ1佐藤輝 再び「4番・三塁」 矢野監督迷いなく即答「テルで行く」

 阪神ドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が7日・DeNA戦(横浜)から「4番・三塁」で起用されることが6日、決まった。矢野燿大監督(52)が背中の張りを訴えた大山悠輔内野手(26)の出場選手登録を抹消したことを受け、代役として新人の抜てきを明言。球団新人左打者では初の2桁本塁打に王手をかける新人が、豪快な“4番弾”で勝利へいざなう。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-07 06:30 59 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース