小祝さくら“魔の17番”痛恨の5パットに「記憶にない…多分、初かも」

 「女子ゴルフ・ワールド・サロンパス・カップ・第1日」(6日、茨城GC東C=パー72) 小祝さくらにとっては“魔の17番”だった。インスタートから2バーディー、2ボギーのイーブンで迎えた160ヤードのパー3。ピン右7メートルに1オンしながら、まさかの5パットでトリプルボギーをたたいた。 ファーストパットを2メートルオーバーし、下りの返しも2メートルオーバー。「真っすぐどうやって打ったらいいのか分からなくなってしまって、短いのも入らなくなった」とメジャー仕様の高速グリーンに苦しみ、精神的にも追い込まれた。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-06 21:45 80 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース