“ぼったくり男爵”に焦り?IOCが急転 米製ワクチン提供発表 3月は中国製提供表明も

 国際オリンピック委員会(IOC)は6日、東京五輪・パラリンピックに参加する各国選手団に向け、米大手ファイザー社の新型コロナウイルスのワクチンを提供することを発表した。日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は、都内で報道陣に対応し、ワクチン接種が遅れている日本の高齢者や基礎疾患を持つ人々への優先接種や、ひっ迫する医療への影響がない形で、日本選手団への接種を求めていく考えを示した。もっと見る

気になるニュースの詳細は↓
詳しく記事の内容を見る

2021-05-06 20:56 86 デイリースポーツ 同ジャンルのニュース